調査日: 2013年 4月22日


9163 焼石ヶ原(谷筋)〜六甲全山縦走路

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
9163   ・焼石ヶ原(谷筋)〜六甲全山縦走路 0.5  ・分岐(焼石ヶ原)〜谷筋〜分岐(六甲全山縦走路)


コースの概要

焼石ヶ原と全山縦走路を結ぶ谷筋ルートです。

焼石ヶ原から小笠峠に向かう途中で分岐し、谷筋を辿り、六甲全山縦走路に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、阪急逆瀬川から阪急バス「エデンの園」行の

終点で降り、小笠峠に向かう8303(焼石ヶ原〜小笠峠)ルートの焼石ヶ原の入口です。

バス停から5分程西に進むと橋があり、車両立入禁止の看板のある処です。

写真中央のフェンスの左端の脇から、小笠峠方面に向かいます。














前の写真から10分程、西に進み、右折して山腹に踏み入ります。

写真では分かりにくいですが、尾根に向かう踏み跡があります。

此処が、当ルートへの分岐点です。
















此処が分岐点といえる目印はなく、見過ごしてしまう可能性大です。

小笠峠に向かうルートのほんの少し先に、足元を注視すると、

青いホースが顔を出しています。

当ルートを再び訪れた時、この青いホースに気づき、

慌てて少し戻り、尾根筋への踏み跡に入ることが出来ました。












ホース、松の木、踏み跡の位置関係が分かります。

ホースは、写真中央の下部に、松の木は、写真右端にあります。

踏み跡は、松の樹を越して左折し、ホースの奥に見える細い樹が乱立する向こう側にあります。

この写真をヒントに、踏み跡を探してください。




















踏み跡に入ると、テープがぶら下がっています。

少し分かりにくい山腹斜面を、テープを頼りに進みます。
























2分程で、写真のような石積み堤があります。

左手から石積み堤を乗り越え、枯れた谷筋に入ります。


















枯れ谷を約10分登ってきました。

此処は、5つ目の石積み堤で、写真中央に、ロープが見えます。

更に3分程進むと、6つ目の石積み堤があり、ロープがあります。






















枯れ谷をさらに進むと、大きな岩壁があって前進を阻んでいます。

くずれそうな岩場のすぐ近くまで進みます。


















岩場の右手にロープがあり、これを伝って岩場を高巻きます。

岩場の上に辿りつくまではロープが連なっており、岩場の後ろに回り込むまで

岩場に向かって傾斜しており、落ち葉が積もって滑りやすい地形のため、

およそ2分程の緊張が続きます。




















岩場を高巻き、再び、枯れ谷に入ります。

写真のように落ち葉が多く、傾斜も急な枯れ谷ですので、滑り易くなっています。






















此処は、谷筋から尾根筋への転向点です。

岩場をやり過ごし、枯れ谷に戻って1分程で、右手の稜線に向かいます。

テープマーキングがあるので、見落とさないようにします。

(枯れ谷を登り詰めることもできそうですが、未経験です)















尾根筋に立ちます。

羊歯の茂る横を通り抜ける踏み跡があります。


















急な尾根筋、ルートに乗っていることがハッキリします。


























尾根筋を12〜13分登ってくると、平坦な尾根筋に変わります。




















平坦な尾根筋を通り、木々の間を抜けること約2分程で、

前方に、六甲全山縦走路、0111(東六甲縦走路入口〜宝塚駅)ルートが見えてきます。

写真左方向は最高峰へ、右方向は宝塚方面に至ります。

六甲全山縦走路に出合って、当ルートの終点となります。

分岐点から此処までは、約35分でした。












全山縦走路から、当ルートを撮りました。

写真中央にある20cm程の石が目印で、写真中央奥へと進みます。

ほんの少し上り坂になっています。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


六甲全山縦走路と、焼石ヶ原に挟まれた地域を中心に表示しています。当ルート(9163)は、赤色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 91のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system