調査日: 2014年 5月23日


8513 赤子谷右俣東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
8513    ・赤子谷右俣東尾根 0.8  ・分岐(赤子谷右俣)〜ロープ場〜尾根筋〜譲葉北峰


コースの概要


赤子谷右俣と赤子谷中央尾根の間にある尾根筋を辿るルートです。

赤子谷右俣から分岐し、ロープの助けを借りて急斜面を登り、尾根筋に辿りつきます。羊歯が生い茂る尾根筋を経て、譲葉北峰に至ります


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。
























此処は、8507(赤子谷右俣)ルートと、8579(赤子谷右俣〜不動峠・南道)ルートが交差する地点です。

写真左に見えるのが8507ルート、写真中央の沢の向こう側が8579ルートです。当ルートへは、少しだけ下流側に戻ります。






前の写真から下流側に進むと、小さなコブがあります。

コブを越え、右岸側の斜面に注意していると、

赤色・青色・黄色のテープを巻いた一本の樹に気づくはずです。

斜面を見上げると、写真中央奥には、ロープも小さく見えています。

此処が当ルートの分岐点です。

ロープを目指して斜面を上ります。










こんなロープが尾根筋まで架かっています。

滑りやすい斜面のため、ロープに助けられます。


















ロープの上端から振り返って撮りました。

急斜面が良くわかります。




































直ぐに尾根筋に至りますが、羊歯が群生しており、迷いそうになります。

しかし、写真中央の枯枝ガイドに従って、中央付近から左折すると、踏み跡に入ることができます。






分かりやすい尾根筋もあります。


























羊歯に囲まれた尾根筋を登りつづけます。




















枯枝がガイドする急傾斜の尾根筋です。


























分岐点から約20分、見晴らしが開けます。

振り返ると、有馬街道の向こう側にある採石場が遠望できます。


















再び、尾根筋を辿ります。

徐々に傾斜が緩くなってきます。


















石積みがあり、分岐しています。

写真左に下ると、直ぐに、8503(赤子谷中央尾根)ルートに至ります。

当ルートは、写真右手に進みます。
















枯枝のガイドがあるので、これを辿ります。




















譲葉北峰の北東部にある高みのすぐ下を通ります。




















踏み跡を辿ります。




















枯枝があり、此処で右折します。




















右折すると直ぐに、松の樹のある処で、

8565(赤子谷右俣東〜六甲全山縦走路)ルートに出合い、

当ルートの終点となります。

分岐点から此処まで、約40分です。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。


コースを地形図で知る


岩原山の北域に位置し、ナガモッコク尾根と赤子谷右俣に挟まれたルートを中心に表示しています。

地形図に示すルート番号と、ルート名称の対応は下表の通りです。

0115  大平山〜宝塚
8501  赤子谷西尾根 
8503  赤子谷中央尾根 
8505  赤子谷左俣 
8507  赤子谷右俣 
8513  赤子谷右俣東尾根
8515  不動峠・南道
8573  赤子谷右俣第一西道
8575  赤子谷右俣第二西道
8577  赤子谷右俣第三西道
8579  赤子谷右俣〜不動峠・南道
8581  不動峠・南道〜岩原山迂回道
8703  ナガモッコク尾根
8705  不動峠・北道
8761  岩原山迂回第一東道
8763  岩原山迂回第二東道
8765  大谷峠〜不動峠




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 85のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system