調査日: 2013年 6月 8日


8371 県道16号〜東六甲縦走路

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
8371   ・県道16号〜東六甲縦走路 0.2  ・分岐(県道16号)〜谷筋〜分岐(東六甲縦走路)


コースの概要


宝殿橋料金所から宝塚方面に向かう県道16号から、東六甲縦走路への抜け道ルートです。

県道16号(明石神戸宝塚線)から分岐し、笹の茂る踏み跡を辿って、東六甲縦走路に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。





此処は、0363(宝殿橋バス停〜石宝殿)ルートから、県道(明石神戸宝塚線)に入り、およそ6分程下ってきました。

左手に、笹に覆われた谷筋があります。

写真のような一部が錆びた鉄製の置き場(凍結防止の資材置き場?)が目印です。

この右の谷筋を登ります。




















調査日に撮った写真です。

繁茂シーズンには、目印がササに覆われています。


















谷筋は笹に覆い尽くされていますが、足元を見ると踏み跡が確認できます。
























途中の様子です。ササ原に取り囲まれています。

繁茂シーズンは、腰の高さまでササが茂り、足元をよく見ないと踏み跡は分かりませんが、谷筋を進めば迷いません。







笹をかき分け、10分弱登ってきました。

写真のように、笹が途切れた開けた場所があります。

この辺りから、右方向への踏み跡に入ります。
















少し登り詰めていくと、前方が明るくなり、稜線が見えてきます。

























先ほどの広場から3〜4分程ササ原をラッセルすると、

0111(東六甲縦走路入口〜宝塚駅)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

写真の前方に進めば、緩い上り坂になり、最高峰に至ります。

写真手前に進むと、緩い上り坂になり、宝塚方面に至ります。

縦走路に出合う地点には、特に目印となる物がありませんが、

谷筋ルートであることを念頭に、見当をつけて登ってくると必ず縦走路に出合います。

県道から此処までは、20分弱です。





コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


県道18号(明石神戸宝塚線)から、六甲全山縦走路に至るルートを中心に表示しています。ルートを識別するために、色合いを変えています。




 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 83のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system