調査日: 2013年 2月25日


8311 樫ヶ峰(林間)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
8311   ・樫ヶ峰(林間) 1.2  ・分岐〜尾根筋〜東屋〜尾根道〜分岐(西三ッ辻出合)


コースの概要

社家郷山キャンプ場から樫ヶ峰・社家郷山の稜線をめざすルートです。

かぶと山荘近くのキャンプ場裏から尾根道に取り付き、急峻な尾根道を登り、東屋、双子岩を経て樫ヶ峰・社家郷山の稜線に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(下りルートで紹介します。)






此処は、「西三ヶ辻出合」と呼ばれています。

此処までは、8309(樫ヶ峰・社家郷山)ルートで紹介しています。
























東は、「東三ッ辻出合」、西は、「小笠峰出合」と記されています。


























そして、南は、「社家郷山キャンプ場」と読めます。

当ルートは、「西三ヶ辻出合」の標識を分岐点とし、キャンプ場に向かいます。


















分岐点から直ぐに、「林間ルート」の標識があります。

以降、随所に標識があります。


















分岐点から約2分、「双子岩」の横を通ります。




















尾根道を下っていきます。




















「あずま屋休憩台」への標識があります。




















尾根道の下りは急です。ロープ場が幾つかありました。

滑りやすい尾根道です。


















あずま屋に着きました。

西三っ辻出合から此処までは、約15分です。


















あずま屋からの展望です。

西宮の市街地が良く見えます。


















きつい尾根道の下りが続きます。道は、階段に変わりました。

この写真は振り返って撮りました。























此処は、「長谷峠」です。振り返って撮りました。

キャンプ場への分岐点で、写真中央から降りてきました。

そのまま直進するとキャンプ場にいきます

当ルートは此処で左折(写真右手)し、谷筋に降りていきます。

「西三っ辻出合」から此処までは、約30分です。













小さな沢を跨ぎます。




















少し広い場所に出ます。

写真左側に石が見えますが、8313(樫ヶ峰・キレット)ルートへの分岐点です。

当ルートは写真右側を直進します。

「西三っ辻出合」から此処までは、約35分です。













直ぐに、石組みの堰堤のような処を越します。

写真右端から降りてきて、倒木を跨いで進みます。



















沢を跨ぎます。




















写真中央奥の木立の中からから出てきました。

広場への入口です。


















広場(キャンプ場)の様子です。

写真中央を進んでいくと、「かぶと山荘」に至ります。



















広場にある案内図です。

























案内図の後方に、水場があります。




















写真左端から、広場の奥まで進んできました。

此処で、8315(樫ヶ峰・鷲林寺)ルートと出合い、当ルートの終点とします。

8315ルートは、写真右端の踏み跡で、手前に進むと、直ぐに、「かぶと山荘」に至ります。

「西三っ辻出合」から此処までは、約40分です。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


樫ヶ峰・社家郷山の稜線の南側を中心に表示しています。当ルート(8311)は、橙色で表示しています。

<稜線〜盤滝口バス停付近の地形図>



<盤滝口バス停〜鷲林寺交差点付近の地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 83のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system