調査日: 2013年 2月25日


8309 樫ヶ峰・社家郷山

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
8309   ・樫ヶ峰・社家郷山 2.5  ・ゆずり葉台バス停〜岩倉橋〜樫ヶ峰〜馬の背〜小笠峰〜小笠峠


コースの概要

樫ヶ峰・社家郷山の稜線を歩くルートです。

ゆずり葉台近くの岩倉橋から樫ヶ峰を目指して尾根筋を上り、次いで、稜線のアップダウンを繰り返し、小笠峰から急降下し、小笠峠に出合う。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(小笠峠から岩倉橋に向かうルートで紹介します)






此処は小笠峠です。

此処に至るまでは、8305(六甲全山縦走路〜小笠峠)、

8307
(大藪谷〜小笠峠)ルートで紹介しています。

此処を当ルートの分岐点とします。














小笠峠から約3分、大谷乗越方面に進みます。

道路右側のガードレールの切れ目にマーキングがあります。

此処から、樫ヶ峰方面に取り付きます。
















前の写真のガードレール切れ目にある標識の拡大です。




















ガードレールを越えると、直ぐに急な登りが続きます。


























およそ10分の登りで、小笠峰です。

此処から稜線伝いに、東に向かいます。
























小笠峰から約4分、「小笠峰出合」の標識があります。

此処から南に向かう踏み跡がありますが、8325(樫ヶ峰・キジ谷)ルートです。

8325ルートは、谷筋を通り、社家郷大滝、キャンプ場を経て、「かぶと山荘」に至ります。

当ルートは稜線を辿ります。




















「小笠峰出合」の標識から約6分、「西三辻出合」の標識があります。

此処から南に向かう踏み跡がありますが、8311(樫ヶ峰・林間)ルートです。

8311ルートは、双子岩、尾根筋、キャンプ広場を経て、「かぶと山荘」に至ります。
















前の写真の写真の標識の拡大です。

南に向かうと、「社家郷山キャンプ場」と読めます。


















「小笠峰出合」の標識から約4分、コルにある標識です。

標識前を北に向かう踏み跡がうっすらと見えます。

尾根筋を経て「エデンの園」方面に至る、8323(樫ヶ峰・北尾根4)ルートです。

当ルートは稜線を辿ります。














先の標識から約2分、急な下り坂があり、鎖場になっています。




















鎖場から凡そ7分、稜線を辿ると、左手に踏み跡があります。

すぐ傍の木には、赤い×印があります。

尾根筋を経て、「エデンの園」方面に至る8319(樫ヶ峰・北尾根2)ルートです。

当ルートは稜線を辿ります。














さらに3分程稜線を辿ると、「東三ッ辻出合」の標識があります。

此処から南に向かう踏み跡は、キレット展望台を経て、「かぶと山荘」に至る

8313(樫ヶ峰・キレット)ルートです。

当ルートは稜線を辿ります。














「東三ッ辻出合」の標識から約3分、低い松の木があり、赤いリボンが巻かれています。

尾根筋を経て、「エデンの園」方面に至る8317(樫ヶ峰・北尾根1)ルートです。

当ルートは稜線を辿ります。
















8317の分岐から30歩ほどで、遮るものが全くない馬の背道となります。

「馬の背展望台」というかすれた文字が残る標識がありました。

分岐点から此処までは、約45分です。
















稜線を辿ります。




















先の分岐から約4分、稜線の右手数メートル奥に、「骨幹三角点」があります。




















三角点から約3分、北に向かう踏み跡があります。

尾根筋を経て、「エデンの園」方面に至る8321(樫ヶ峰・北尾根3)ルートです。

当ルートは稜線を辿ります。
















前の写真の左端の樹、白いテープに手書きで「エデン→」と書かれています。




















更に2分程、稜線を進むと、「社家郷山」の石柱があります。

この辺りは台地になっています。

分岐点から此処までは、約50分です。
















石柱の直ぐ向こうに、「樫ヶ峰山頂」の標識があります。

写真がその標識ですが、何とか判読できました。
























更に稜線を3分程辿ります。

「樫ヶ峰出合」の標識があり、そこから南に向かう踏み跡があります。

此処から南に下ると、尾根筋、「かぶと山荘」、「盤滝」バス停、を経て、「鷲林寺交差点」に至る、

8315(樫ヶ峰・鷲林寺)ルートとなります。

当ルートは尾根筋を辿ります。












荒々しい尾根筋を暫く辿ります。




















風化した道になります。

向こうには、西宮・宝塚方面の風景が広がります。

写真中央奥に見えるのは、甲山です。
















先の分岐から約12分、風化道が途切れ、分岐点があります。

板切れには手書きで、右はゴルフ場、左は宝塚と書いてあります。

当ルートは宝塚の方向に進みます。

分岐点から此処までは、約60分です。














林の中へ入っていきます。




















10分程下ってくると、鉄塔の脇を通ります。

分岐点から此処までは、約70分です。
























再び、林の中に入ります。




















直ぐに、プラスチック階段に変わり、急降下する道となります。

写真は振り返って撮りました。

降りていくにつれて、階段の形をなしていない箇所もあり、慎重に一歩一歩進まねばならない処もあります。





















平坦になりました。

写真左手から降りてきて、振り返って撮りました。


















直ぐに、バス道に出合います。

ガードレールの切れ目から出てきました。

写真右手奥に、橋があります。
















岩倉橋です。

分岐点から此処までは、約80分です。

橋を渡り、左カーブすると、「ゆずり葉台」バス停があり、そこが当ルートの終点です。

バスに揺られること15分足らずで、阪急逆瀬川駅に着きます。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。当ルート(8309)は、青色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 83のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system