調査日: 2015年 7月28日


8113 北山貯水池(甲陽園駅経由)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
8113   ・北山貯水池(甲陽園駅経由) 2.6  ・甲陽園駅〜銀水橋〜北山緑化植物園東〜岩場〜東屋(北山貯水池西端)


コースの概要

甲陽園駅から北山貯水池に至るルートです。

甲陽園駅から住宅街を通り、銀水橋の直前にある妙龍寺の石碑で分岐して山地に入ります。

石階段や、幾つかの巨石を経て、北山貯水池の西端にある東屋に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。







此処は「阪急・甲陽園駅」です。




































改札口を出て、右手に進むのが8107(甲山南道:大師道経由)ルートです。

駅前に、飲食店(写真中央)があります。

当ルートは、写真中央の横断歩道を渡り、飲食店左の舗装道へ進みます。







道は、直ぐに、石段道に変わります。




















石段道を上り詰めると車道に出合い、右折します。

駅を出てから此処までは、約3分程度です。


















車道を1分ほど進むと、四ッ辻になります。

此処で、左折します。

















住宅街を抜けていきます。





































3分程歩くと、「夙川学院北」の交差点、郵便ポストがあります。

郵便ポストで右折し、上り坂の舗装道に進みます。






車の往来が激しい道です。

横断歩道を渡り、写真左端の歩道を進みます。


















「神園町」バス停を通過します。











































分岐点から10分強、「銀水橋」があります。当ルートは、橋を渡ることなく、橋の手前の横断歩道を渡ります。






銀水橋を渡り、バス停を通過し、北山植物園に至るのは、

8115(北山緑化植物園:苦楽園口駅経由)ルートです。


















横断歩道を渡ると、写真右端の石碑が見えます。

此処で車道と別れ、山道に入ります。




























直ぐに左折し、橋を渡ります。



























橋を渡り、階段道を進み、左手のコンクリート柵の切れ目で左折します。

手書きの経路案内板が左折箇所の目印です。























左手にダムがあります。























ダムのすぐ先で右折します。「北山池 植物園 北山ダム」を示す標識があります。

分岐点から此処まで、20分位です。






右折すると、石段道になります。

道は明確ですが、周りに羊歯があったり、岩があったり、

砂地の道があったりと変化します。






















標識があれば、「北山池」の方向へと進みます。




















分岐点から約30分、休憩と展望を兼ねた小さな砂地の広がりがあります。




















当ルートには岩場が沢山あります。

道の傍にある岩場、道から少し離れたところにも岩場が沢山あります。

以前、この岩の前を通ったときですが、マットを敷き、

滑止めの粉をつけて、岩登りの練習をしている人を見たことがあります。














植物園の東にある3つの池の一番南の池の手前に、巨石と標識があります。

此処で左折すると、8115(北山緑化植物園:苦楽園口駅経由)ルートとなります。

当ルートは、標識の「北山ダム」の方向に進みますので、此処で右折します。

妙龍寺石碑から此処までは、約15分です。














前の写真の標識で右折し、石段道を進みます。





















池を何度か左に見ながら、進みます。



















こんな岩のある所を通りました。




















巨石が鎮座し、池が一望できます。





































「エクシオの森林」案内板があります。

少しわかりにくいですが、写真左は池です。写真中央の踏み跡に入ります。






踏み跡を辿ります。





































眼前が開けます。此処は、3つ連なる池の北端の池のすぐ北側になります。

写真中央へと進みます。






前の写真の左後方には東屋があり。その裏は池になります。




















2つ前の写真の中央付近に進むと、写真の標識があります。

「北山貯水池」の方向に進みます。


















「北山貯水池」に向かう踏み跡です。




















谷筋を進みます。


























不規則な石段道に変わります。


























巨石があります。巨石の向こうには市街地が見えます。




















巨石の後ろ手にある標識です。

「北山ダム」の方向に進みます。
























上り坂に入ります。




















何となく、横顔に見えるような岩もあります。

道の直ぐ近くに見えた岩しか撮っていませんが、

道を少し外れると、もっと沢山の岩場があるようです。






















谷筋になります。

雨の後かも知れませんが、所々ぬかるんでいます。


















道が広くなり、前方が明るくなってきます。




















写真前方は、「北山貯水池」前の広場で、「甲山」が奥に見えます。

写真中央を進み、貯水池に近づきます。


















直ぐに、左手に東屋があります。此処が当ルートの終点です。

妙龍寺の石碑から此処までは、約45分です。

東屋の向こうに金網が見えます。

8111(甲山西道:北山貯水池経由)ルートで、左に進むと「鷲林寺」方面に、

右に進むと「甲山」方面に至ります。









コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(8113)、当ルートと交差・分岐するルート、及び周辺ルートも表示しています。

地形図1: 甲山と阪急・苦楽園口駅を結ぶ地形の北部地帯




地形図2: 甲山と阪急・苦楽園口駅を結ぶ地形の中部地帯




地形図3: 甲山と阪急・苦楽園口駅を結ぶ地形の南部地帯



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 81のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system