調査日: 2014年12月27日

7925 三ッ下谷南第二尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7925   ・三ッ下谷南第二尾根 1.8  ・鉄塔(三ッ下谷南尾根)〜尾根筋〜鉄塔〜尾根筋〜カーブNo30(ドライブウエイ)


コースの概要


三ッ下谷南尾根のさらに南に位置する尾根筋を歩くルートです。

三ッ下谷南尾根の鉄塔から分岐して尾根筋に取り付き、鉄塔を経て、ドライブウエイのカーブNo30に至ります。

下りコースの場合は、地形図に示す「転換点」にて正しいルートを選択しないと、恐怖の藪漕ぎ、大きな排水溝に進路を阻まれることになります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタ数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、北神急行電鉄・神戸電鉄の「谷上駅」です。

当ルートの分岐点に至るまでは、3つのルートを経由します。

まず、谷上駅から出発し、5721(山田道)ルートに入ります。
















谷上駅から約15分、石碑のある処で、5721ルートから離れ、

7917(三ッ下谷)ルートに入ります。

















この写真は、中央奥から進んできて、石碑を過ぎ、振り返って撮りました。

此処は、石碑から約10分ほど進んだ処で、7913ルートに出合います。

石碑のある右半分が少し低い踏み跡、その左手が少し高い踏み跡になっています。

低い方が7913(三ッ下谷)ルート、高い方が、7917ルートです。

歩いている勢いでは、写真手前に向かう7913ルートに進んでしまいそうですが、

石碑で右折し、高い方の踏み跡に入り、写真左奥の7917ルートへ進みます。











石碑から約5分進んだ処で、7917ルートから別れて、

7923(三ッ下谷南尾根)ルートに入ります。

写真中央で分岐しており、右手の山腹の登坂に進みます。

左手は、谷筋に向かう下り坂、7917ルートです。














前の写真の分岐から約10分、

谷上駅から約40分前後で、鉄塔に至ります。

此処を、当ルートへの分岐点とします。

7923ルートは、この鉄塔で左折して尾根筋に向かいますが、

当ルートは、轍のある広幅道を少し奥に進みます。


































直ぐに、眼前が開け、写真中央奥にはタンク類が見えてきます。神戸市環境局の建物です。

写真右手の舗装道は、環境局の内部に入っていくと思われます。

当ルートは、写真上部の建物の向こう側に見える尾根筋を目指し、写真中央のタンク類の左手に進みます。






コンクリートの橋を渡り、すぐに右折します。




















排水溝の左手を進みます。





















左手に貯水池があります。

貯水池を左に見ながら、写真右端を進みます。

右手には尾根尻が近づいて来ます。















尾根尻の先端部が崖のように切り立っています。

今通り過ぎた池が右半分に見えています。

当ルートは、崖にとりつき、尾根筋を目指します。
















尾根筋を登っていくと、

神戸市マークが刻印された石柱があります。


















リボンのマーキングがあります。

尾根筋に乗っかったようです。
























黄色いテープマーキングもあります。

落ち葉のある広幅の林道跡(?)を辿ります。


















分岐点から約20分、地形図で示す「赤ペンキ」地点です。

広幅道は写真右手に続いていますが、写真左半分の

3ヶ所に、ペンキマーキングがあります。

左端の細い木、写真中央付近の石、その向こう側に見える木にも

赤いペンキマーキングがあります。

当ルートは、右端の幅広の踏み跡から離れ、写真中央奥に見える

稜線を目指して登っていきます。








すぐに、赤いリボンがあります。


























先ほどの木と石のペンキマーキングから約5分、

広幅の踏み跡が2分岐しています。

当ルートは、写真右端の2本の木、そのすぐ奥の松の樹のマーキングに

導かれて、右手に分岐します。














分岐点から約30分、鉄塔があります。


























鉄塔の向う側に、松の枝が見えるので、

そちらの方向に進みます。


















松の枝の下に、細い踏み跡があります。




















直ぐに、広幅の踏み跡に出合います。

此処は、地形図で「転換点」と記した地点です。

写真左は上り方向、右は下り方向の広幅の踏み跡です。

右手も広幅ですが、絶対に下らないでください。

下っていくと、鉄塔までは良い道ですが、その先は、藪と排水溝に

行く手を遮られ、そこから脱出するのは命がけになります。










前の写真の撮影位置で、左手の上り方向の踏み跡を撮りました。

松の樹の下の細い踏み跡から幅広の踏み跡に出合って左折すると、

写真左手の赤いテープマーキングがあります。

当ルートを逆方向で進む場合は、このマーキングで右折し、細い踏み跡に

入り、鉄塔に向かわねばなりません。

間違い易いので、「転換点」と記しています。










前の写真の赤いテープのすぐ先で左折し、細い踏み跡に入ります。

先ほど通過した鉄塔が左手に見えます。


















細い踏み跡は山腹を下っていき、谷筋に向かいます。


























分岐点から約40分、谷筋を超します。

水のない谷筋が写真下部の左右にあります。

谷筋を写真中央で越し、すぐに上りの踏み跡を辿ります。
















踏み跡の左手にある太い樹に、赤いテープマーキングがあります。

すぐに尾根筋になります。


















尾根筋の途中には石柱があります。


























分岐点から約55分、鉄塔があります。

鉄塔の真下を前方に進みます。


















緩やかな下りになります。


























土砂崩れの跡がありますが、

通行には全く支障がありません。


















ドライブウエイが前方に見えてきます。




















ドライブウエイと出合う直前に、「火の用心」標識があります。

この写真は、「火の用心」標識を通り過ぎ、振り返って撮りました。

写真左手から進んできました。

写真右手の一段高くなっている踏み跡は、

7923(三ッ下谷南尾根)ルートです。

当ルートと7923ルートが、この標識で出合うことになります。










ドライブウエイです。

左手は摩耶山方面、右手に進めば「森林植物園」に至ります。


















ドライブウエイから振り返って撮りました。

「カーブNo30」の標識を、当ルートの終点とします。

分岐点から此処まで、約60分です。

写真中央が当ルート、その横の登坂が7923ルートです。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


地形図:1 谷上駅から当ルート(赤色で表示)に至るまでの経由ルートを示します。

谷上駅から5721(山田道)ルートに入り、石碑で分岐して7917(三ッ下谷)ルートに入り、再び石碑で7913ルートに入り込まないで、
少し進んで分岐し、山腹道を経て鉄塔に至ります。鉄塔を分岐点に、当ルートが始まります。




地形図:2 当ルート(7925、赤色で表示)、及び、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。



上記地形図は、「カシミール3D」で作成しました。 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 79のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system