調査日: 2013年 1月 8日


7915 三ッ谷西尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7915   ・三ッ谷西尾根 2.4  ・神鉄・花山駅〜花山東団地〜水場〜尾根筋〜TV塔〜双子山〜三ッ谷分岐


コースの概要

花山東団地の南にそびえたつ尾根を急登するルートです。

神鉄・花山駅から花山東団地を抜けて山地に入り、急勾配の尾根道を登り、TV塔のあるピーク、双子山を経て、三ッ谷道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


(三ッ谷分岐から花山駅に至る下り道で紹介します)





此処は、炭ヶ谷分岐です。

写真左の谷筋への下り道は、7901(炭ヶ谷)ルートです。

写真右端は、7903(三ッ谷)ルートです。

当ルートは、右端の道、三ッ谷ルートに入ります。















直ぐに小高い処があり、標識(写真中央)があります。

右手の奥を望むと、鉄塔があります。

左手の下り道に進みます。
















下るとすぐに標識があります。

左手のコアラマークの標識と、右端の樹に架けられた手書き標識です。

当ルートの分岐点を、写真中央付近とします。
















手書き標識の拡大です。

標識右手の急な下り道が、7903(三ッ谷)ルートとなります。

当ルートは、直進せずに左折します。
















山腹道を下っていきます。

分岐点から、TV放送施設が見えます。



















トラバースする道が続きます。



















分岐点から5分程で、左手にコアラ標識があり、赤いマーキングが樹に残っています。

此処から山腹に取り付き、双子山を目指します。


















2分も登れば、双子山の山頂です。周りの視界はありません。




















双子山山頂の標識です。

この標識を右に見て、北東方向の下りの踏み跡に進みます。


















双子山から降りてくると石柱と標識があります。

この写真は、双子山からの下りの踏み跡を撮りました。

先ほどのコアラ標識を直進すると、此処で合流します。





















直ぐに急な下り道となり、ロープが続きます。




















今度は、急登に変わります。


























分岐点から約20分で小ピークになり、アンテナ施設が点在しています。


























林の中を進みますが、平らな道はすぐに終わります。




















急な下り道が始まります。

石ころの多い下り道です。これは振り返って撮りました。
























急坂を下っていきますが、ロープがあって助かります。


























次いで、落ち葉でスリップしやすい急斜面、掴める立木がほとんどないという下り坂に変わります。

写真中央付近の下りは、恐怖を覚えるほどです。
























写真では感じが分かりづらいですが、急な下り道が続きます。

勢いがつくと止まれない坂道を慎重に降りていきます。


















途中に、炭焼き窯の跡があります。




















急斜面が続きます。

山腹が広がってきますが、テープマーキングを確認しながら降りていきます。























20分弱の下り道が終わり、ホッとする平行道です。





















左手に踏み跡があり、辿るとすぐに水場がありました。

登りルート場合は、ここで水を補給できます。

















水場から4分ほどで、トラロープがありますが、

ロープが必要な程の傾斜ではありません。



















下り道は、鉄条網に突き当たります。

ここで左折します。

左折地点には、赤い標識と、消えかけた案内図があります。

写真中央を奥に向かって進みます。

(右折する道もありますが、ダムに突き当たります)

水場から此処までは、約5分です。










1分程、道なりに進むと、コンクリート道路に出合います。

写真中央の道を降りてきました。

此処で左折します。















すぐに、高速道路を跨ぐ橋があるので、これを渡ります、





















橋から3分程で、2分岐します。

直進すると、団地の中に突入しそうな踏み跡です。

右折しました。

右折するポイントは、コンクリート柱と杭です。

写真中央を山腹に沿って進みます。












前方にグラウンドと、ブルーシートに覆われた物が見えるので、

そちらに降りていきます。

















先ほどの右折ポイントから3分程降りてきました。

これは振り返って撮りました。

写真中央付近からグラウンドに出ました。

















目の前に藤棚ベンチがあり、その向こうに金網があります。

金網まで進んで左折し、駐車場の横を通り抜け道路に出ます。


















道路を道なりに下ります。

写真中央は、「花山東」と書かれた大きな給水塔です。


















花山団地内をぬけていきます。

住民に尋ねると、赤い歩道橋で左折せよと教えてもらいました。


















赤い歩道橋で左折しました。道なりに進みます。

先ほどのグラウンドから5〜6分歩いています。


















写真左手にある低い建物は郵便局です。

右手には、生協がありますが写っていません。

写真右端の下り道へと進みます。
















橋を渡り、斜行エレベーターの入口に向かいます。

エレベーターの愛称はスカイレーター、垂直距離は約27m。


















スカイレータ2Fから1Fに降ります。

目の前に橋がありますので、そちらに進みます。


















橋の途中で振り返って撮りました。

写真中央がスカイレーターです。

奥に見える山塊から降りてきました。
















道なりに進んでくると、前方に神鉄の踏切があります。

踏切を渡ります。


















踏切を渡って、すぐに右折し、緩い坂を上ります。




















すぐに、神鉄・花山駅です。

此処が、当ルートの終点です。

分岐点から此処までは、約80分です。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(7915、水色で表示)と交差又は分岐するルートも表示しています。他ルートは色合いを変えています。

<神鉄・花山駅〜水場付近の地形図>



<水場〜炭ヶ谷分岐の地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 79のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system