調査日: 2013年 1月 6日


7909 シェール道・獺池

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7909   ・シェール道・獺池 2.8  ・穂高湖〜シェール道〜マムシ谷〜獺池〜炭ヶ谷分岐


コースの概要

杣谷峠から炭ケ谷の分岐までを結ぶルートです。

穂高湖から緑豊かなシェール道を進み、マムシ谷、カワウソ池ヲ経て、ドライブウエイに出合い、少し後、ドライブウエイから分岐し、炭ヶ谷ルートの分岐点に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は杣谷峠からドライブウエイに出てきた処です。

此処は、4501(杣谷道)ルートの分岐点であり、又、

0107(市ケ原〜六甲山記念碑台)ルートの通過点です。
















ドライブウエイを横切ると、「穂高湖」の標識があり、そこから下り道に入ります。




















少し歩くと、標識があり、その向こうに穂高湖が見えます。

この標識を、当ルートの分岐点とします。


















標識で左折し、穂高湖を右手に見ながら進みます。

穂高湖を反時計回りに回ると、4903(シェール槍:南回り)ルートとなります。


















階段が2つ見えてきます。

右側の階段道を上ります。

左の階段道は、ドライブウエイに至ります。
















広い道になります。




















穂高橋です。

右手に、穂高湖の堰堤があります。

当ルートは、橋を渡り、左折します。

分岐点から此処まで、約8分です。














左折した処は休憩ポイントです。

東屋、ベンチなどがあり、賑わっていました。


















又、この辺りは楓の樹が多く、秋の紅葉が美しい場所です。




















休憩ポイント前の緑のトンネルを抜け、広い道を徐々に下っていきます。

途中にも、幾つかベンチがあります。

















10分ほど進むと標識があり、此処で左折します。

分岐点から此処まで、約15分強です。



















川を越したりしながら、狭くなった道を進みます。

ブナが大変美しい散策道です。
























小さな川を2〜3度越します。

水量は多くありません。























穂高橋から約20分ほど下ってきました。

此処が当ルートで最も低い場所です。

此処で沢が合流し、右折してマムシ谷に入ります。

此処で左折して徳川道に至るのが、4763(徳川道〜シェール道)ルートです。












道は上りに変わります。

ダムも越えます。


















橋も渡ります。




















小さな川も渡ります。




















上り坂を詰めると、獺池に出合います。

分岐点から此処まで、約45分です。

此処で左折します。
















獺池から1分で、ドライブウエイに出合います。

標識に従って右折し、ドライブウエイを歩きます。


















ドライブウエイを約5分弱歩くと、

左手に、標識があります。


















標識の数m先に左折する道があります。

当ルートは、ドライブウエイを離れて、左折します。

写真右端に標識があります。

分岐点から此処まで、約50分です。

ドライブウエイをそのまま進むのが、7705(石楠花谷西尾根)ルートです。














左折するポイントにある標識の拡大です。

石楠花山・炭ヶ谷方面に向かいます。






















暫くの間、幅広の道を進みます。




















上り道を進むと、石の階段があり、分岐しています。

階段の左手を進む道が、7907(石楠花山)ルートで、石楠花山を経て、展望台に至ります。

当ルートは石の階段道を上がります。
















前の写真の石段の途中にある標識の拡大です。

杣谷峠から此処までは、約60分です。
























階段道を1分も上がると、十字路になっており、

薄れて読めない案内板と、標識があります。

此処が当ルートの終点です。

杣谷峠から此処までは、約60分です。














前の写真の中央にある標識の拡大です。

標識を直進すると、7901(炭ヶ谷)ルート、右折すると7903(三ッ谷)ルート、

左折すると、7917(三ッ下谷)ルートとなります。


















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(7909、茶色で表示)と交差又は分岐するルートも表示します。他ルートは色合いを変えています。


<炭ヶ谷分岐〜カワウソ分岐付近の地形図>



<カワウソ分岐〜杣谷峠付近の地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 79のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system