調査日: 2014年10月12日


7901 炭ヶ谷

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7901   ・炭ヶ谷 2.8  ・神鉄・谷上駅〜住宅街〜炭ヶ谷〜炭ヶ谷分岐


コースの概要

炭ヶ谷を遡行するルートです。

神戸電鉄「谷上駅」から東に進み、住宅街を抜け、谷沿いの道を上り、杉林を抜け、炭焼き窯跡を経て、枯れ谷を少し歩き、谷道を終えます。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、神戸電鉄「谷上駅」です。

改札を出て右折し、駅舎沿いに東の方向に進みます。

駅舎沿いに西の方向に進むのは、5721(山田道)ルートです。

















直ぐに高架トンネルがあります。

右折し、トンネルをくぐります。

写真左端の鉄柵に案内表示があります。















案内表示の拡大です。




















広い道を、道なりに、ほとんど真っ直ぐに進みながら、

住宅街を通り抜けます。




































この写真は、「谷上駅」から約15分進んできて、振り返って撮りました。

写真中央の茶色の建物は、介護施設です。

建物前を通り越し、写真中央の細い電柱で右折します。






右折すると、前方に階段と鉄柵が見えてきます。

此処が、炭ヶ谷への取付き・登山口です。

階段は駐車場に行く階段です。

一番奥の鉄柵の向こう側に回り込みます。














調査日時点、鉄柵に「危険!! この先通行止め」の張り紙があります。

ルート途中には、崩落したような跡が数か所ありましたが、

ロープが張られていたり、倒木を伐採した跡があります。

通行止めにしてしまうような危険を感じることはありませんでした。














写真中央、鉄柵の左の細いコンクリート道を登ります。

直ぐに、地道になり、道なりに進みます。


















細い道を上っていきます。

右手には竹藪があります。


















5〜6分で、高速道路が見えます。





















高速道路下のフェンスに囲まれた道を進みます。



















直ぐに2分岐があります。

右折は、堰堤を高巻く道です。

直進は、一旦ダムの下まで進み、階段を登る道です。

堰堤の上で、道は合流します。














直進し、堰堤に突き当り、階段を上ります。

堰堤は「炭ヶ谷砂防ダム」です。

ダムを過ぎても河原には降りずに、左岸沿いに上りつづけます。






















分岐点から約30分、

右手上に、赤い鉄塔巡視の表示があります。

よく見ると、写真右上に向かう踏み跡が見えます。

此処は、7913(炭ヶ谷〜三ッ下谷)ルートの分岐点です。














「炭ヶ谷第二堰堤」を越します。




















分岐点から約40分、標識があり、そこで枯れ沢を横切ります。

此処までは、谷の左岸沿いを登ってきましたが、

此れからは、谷の右岸沿いの道を上っていきます。

















枯れ沢を横切った処にある標識です。

標識から右岸沿いに下る踏み跡がありますが、

此処は、7921(炭ヶ谷東尾根)ルートの分岐点で、

尾根筋を経て、「双子山」に至ります。

当ルートは、右岸沿いに谷筋を上ります。












枯れ沢の様子です。

以前は、苔むした石がほとんどでしたが、

台風の影響で、位置的に大水が流れたのでしょうか、

表面の白い石、白い岩に変わっています。














杉林の中を進みます。




















ルート沿いが崩落しています。

トラロープが張られています。

倒木と路肩の崩落跡のようです。
















ロープが張ってある直ぐ上流付近です。

倒木があり、一部は短く切り落とされています。

枯れ沢に転がる岩石の表面は白くなっています。
















道はクネクネと進み、徐々に高度を上げていきます。






































途中に、炭焼き窯の跡があります。






杉林が続きます。

真新しい岩がルート上に転がっています。

左手斜面から転がり落ちてきたのでしょうか。























谷沿いの左側の道を凡そ20分ほど歩くと、狭くなった枯れ沢の中を歩きます。

水はチョロチョロ程度、石がゴロゴロしています。

















この辺りは倒木が目立ちます。




















左岸斜面の崩落の跡です。





















少しゴロゴロ道を進み、石の階段、木の階段道となります。



















木の階段になると、終点が近づいています。












































階段道を上りきると、十字路に立ちます。この写真は、写真中央から上ってきて、十字路で振り返って撮りました。

写真中央付近が、当ルートの終点です。谷上駅から此処までは、約70分です。

左に進むと7903(三ッ谷)ルート、右に進むと7917(三ッ下谷)ルート、

斜め下に進むと、7909(シェール道・カワウソ池)ルートになります。






十字路に立つ標識です。























コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(7901、赤色で表示)と、当ルートと交差又は分岐するルートも表示します。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 79のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system