調査日: 2013年 4月15日


7707 黒岩

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7707   ・黒岩 0.8  ・黒岩分岐(黒岩谷東尾根)〜第二無名ダム〜尾根筋〜黒岩(?)〜ドライブウエイ出合


コースの概要

黒岩をめぐるルートです。

黒岩谷尾根から分岐し、谷沿い道を進み、2番目の無名ダムの手前からガレ場を上り、尾根筋を目指します。

尾根筋は崩壊と倒木が目立ち、素直に尾根道を辿ることはできません。崩壊などを迂回するために、滑りやすい斜面を

進むことも多く、また踏み跡もありません。黒岩がある筈ですが、いくつかの岩、岩壁を見ましたが、黒岩と確証することはできませんでした。

当ルートは、踏み跡も少なく、上りルートも、下りルートも、ルートファインディングも含めて歩行が危険または困難なルートであり、危険道とします。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、7701(石楠花谷)ルートの「石楠花谷第四砂防ダム」です。




















第四砂防ダムの河原へ降りると、標識があります。

此処から、7709(黒岩谷東尾根)ルートに入ります。


















第四砂防ダムから6分程、分岐があります。

当ルートは、此処を分岐点にして右折し、緩やかな踏み跡を進みます。

7709(黒岩谷東尾根)ルートは、写真中央少し左の尾根筋です。
















分岐点から約3分、第一無名ダムの左を越します。




















河原に下りるには、堰堤から少し先進むと、ロープがあり、

ロープにすがりながら数mの高さがある崖を降ります。


















河原に降りたち、右俣を4分程進むと、

第二無名ダムが立ち塞がっています。


















ダムの手前から少し戻り、右岸側のガレ場を登りますが、青いテープマーキングがありました。

写真の右手は堰堤、進む方向は、写真左上になります。

























ガレ場を上り始めますが、右手は崩壊した尾根筋です。

崩壊した左手を慎重に上ります。

岩がゴロゴロし、直ぐに足をとられます。















崩壊した処をやり過ごし、尾根道に立ちました。


























尾根道を進みだすと、直ぐに新しい崩壊した処に出くわします。

崩壊した処を避けるべく、尾根道をはずれ、斜面を進みます。

















岩が剥き出しになった処を避けながら、尾根筋を辿ります。



























尾根道の崩壊だけでなく、大きな樹木の倒木もあちこちで

見られ、尾根道を歩くことは困難で、左右の斜面の歩きやすい

処を見つけながら、上り続けます。

徐々に、尾根上に向かって左手方向に進路を変えます。

(前回歩いた尾根筋よりも、ひとつ東の尾根筋を歩きます)















黒岩を見つけるために、2つの尾根筋を歩き回り、谷筋を降りたり、登り返したりしましたが、黒岩と確証できる岩は見つかりませんでした。

そもそも、どのような形の岩なのか、又は岩壁なのかを知らないのでは無理な話かもしれません。

下の4枚は、途中で見た岩の写真の一部です。





写真のような岩場や岩壁が、近辺に沢山あります。


























急斜面にあるので、あまり近づくことはできません。



























黒岩を諦め、稜線を目指します。




















稜線に立つと、ササに覆われた踏み跡があります。


























傾斜も緩くなり、自動車の音が近くに聞こえてきます。

音に向かって笹の中を進みます。


















突然、ドライブウエイに飛び出しました。

目印になるのは、松に木に巻かれた白の鉄線だけです。

此処が当ルートの終点です。

分岐点から此処まで、岩を探している時間も含め、約90分でした。














ドライブウエイに立って、終点を撮りました。

この奥に道があるとはとても思えないような雰囲気の場所です。


















ドライブウエイを摩耶方面に進むと、

直ぐに「カーブNO64」の標識があります。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


黒岩、黒岩谷東尾根と、関連ルートを表示しています。当ルート(7707)は、緑色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 77のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system