調査日: 2012年12月19日


7501 地獄谷西尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7501   ・地獄谷西尾根 1.9  ・西尾根分岐(地獄谷道)〜尾根道〜水晶山〜ダイヤモンドポイント


コースの概要

地獄谷と石楠花谷を分ける尾根をめぐるルートです。

地獄谷道の入口付近から分岐し、急峻な尾根道を登り、水晶山を経て、ダイヤモンドポイントに至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(ダイヤモンド゙ポイントから水晶山を経て尾根道を下るルートで紹介します)






此処は、ダイヤモンドポイントのある広場です。

此処までは、0911(ノースロード)ルートで紹介しています。

当ルートは、標識を分岐点とし、写真中央付近に進みます。

左端の案内板の右に、下り坂の踏み跡があります。

この写真は、夏シーズンです。

写真正面にある踏み跡は草木に覆われていますので、

近づいても踏み跡がある事さえ分からないと思います。








上の写真と同じ場所ですが、冬シーズンに撮りました。

写真正面の踏み跡は、直ぐに分かります。

叉、下っていく坂道をはっきりと見ることができます。
















広場の案内図の右手から急坂を下りていきます。

夏シーズンは、案内図の左手から斜面に降りていく踏み跡がありますので、

そこからルートに入るのがよいでしょう。
















踏み跡に入り、直ぐに振り返って撮りました。

広場と標識は、このように見えます。


















広場からは、階段道になっています。

























階段道が終わると、滑りやすい岩場になりますが、ロープがあります。

下りは、特にスリップしやすいので注意してください。
























写真右半分の上部から下ってきて、振り返って撮りました。

小さな鞍部になっており、標識があります。


















標識の拡大です。

此処で、石楠花谷へのルートが分岐します。


















当ルートは、標識の前を通り、直ぐに、ササに覆われた上り坂に入り、水晶山をめざします。


























鞍部を左折し、谷筋に入っていくのが、7701(石楠花谷)ルートです。




















分岐点から7〜8分で、水晶山の頂上に着きます。

周りの景色は木立に遮られています。


















水晶山からは、尾根道の下りが基本で、

時々、小ピークがあります。


















ササに覆われた尾根筋を通ります。

時々、標識が顔をだします。


















こんな場所も通ります。

右下は崩落した斜面で、立ち入らないようにパイプで囲っています。


















尾根道を下っていきます。


























分岐点から20分少し下ってきました。

松の木に判読不明な文字が残る2つの標識、辺りを囲むロープがあり、左折する踏み跡があります。

この踏み跡に入っていくのが、7765(石楠花谷〜地獄谷西尾根)ルートです。

当ルートは、尾根筋を直進します。




















少し降りていくと、裏六甲の町並みが遠くに見えます。




















小ピークです。



























地獄谷西尾根ルートを示す標識が何箇所かにありました。



















砂地が剥き出しの滑りやすい下り道です。

ロープが渡してあります。

進行方向右手には、木立ちの中を通る踏み跡があります。直ぐに合流します。
















7505(地獄谷)ルートに降りていく踏み跡があります。

特徴的な目印はなく、見過ごしてしまうかも知れません。

ダイヤモンドポイントから約45分ほど下ったところです。

この近辺には分岐道はないので、右折する分岐は、地獄谷に降りていきます。














尾根道の後半は、剥き出しの砂地が多くなります。




















高速道路が前よりは近く見え、車の走行音が段々と強くなります。




















痩せ尾根を下ります。




















すぐ近くに、高速道路が見える処まで下ってきました。




















写真左手の階段道は、7505(地獄谷)ルートです。

当ルートは、赤ペンキ・マーキングの後方にある尾根筋から降りてきました。

当ルートは、写真中央付近で地獄谷ルートと出合い、終点となります。

分岐点から此処までは、約60分です。











コースの登り下りと歩行距離を知る









































このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


大池地獄谷、大池地獄谷東尾根、大池地獄谷西尾根、六甲アルプスを中心に、叉、これらルートと交差するルートも表示しています。

<神戸電鉄・大池駅から地獄谷尾根分岐周辺の地形図>




<地獄谷尾根分岐周辺〜ノースロード周辺の地形図>



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 75のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system