調査日: 2014年 3月25日


7355 仏谷南尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7355    ・仏谷南尾根 1.1  ・分岐(仏谷)〜尾根筋〜分岐(高尾山)


コースの概要


仏谷と茶園谷に挟まれた尾根筋を辿るルートです。

仏谷ルートから分岐し、尾根筋に取り付きます。以降は、尾根筋を忠実に辿り、高尾山の山頂近くに至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。
























此処は、仏谷分岐です。写真中央付近で、逢山峡ルートと仏谷ルートが出合います。

写真右端は7303(逢山峡)ルートで、直進すると、シュラインロード方面に至ります。

写真左手は、7305(仏谷)ルートになります。





前の写真の左手に、目立ちにくい標識が架かっています。

取敢えず、7305(仏谷)ルートに入ります。


















仏谷に入って約6分、幅広の踏み跡が左カーブし、少し進んで右カーブします。

この写真は、左カーブした時点で撮りました。

写真中央の樹、その右手に見える少し崩れた斜面に注目します。
















少し進み、カメラの位置を変えて撮りました。

写真中央に、少し崩れた斜面、植生の切れ目があります。

此処が、当ルートへの分岐点です。

滑りやすくなっている斜面を上り、植生の切れ目の向こう側に進みます。














斜面を上ると、灌木の連なる山腹が広がります。

右手に回り込みながら、木々の間を抜けていきます。


















少し進むと、右手奥に、仙人谷砂防ダムが見えます。

この辺りから左カーブするようにして尾根筋を目指します。


















分岐点から約5分も進むと、尾根筋に至ります。




















落ち葉が積り、柔らかで足に優しい尾根筋です。


























少し進むと、ピンクのテープマーキングがあります。




















分岐点から約15分、尾根筋に「有の」と刻まれた石柱と、赤いプラスティック杭があります。

右折して下がっていく踏み跡がありますが、植林のための管理道と思います。

当ルートは直進し、尾根筋を登ります。






















石がゴロゴロする尾根筋を辿ります。




















分岐点から約25分、赤い杭がある小ピークを越します。




















尾根筋を忠実に辿ります。




















分岐点から約40分、高さ50cm程の割れ石があります。




















さらに、尾根筋を辿ります。


























分岐点から約55分、7315(高尾山)ルートと出合い、当ルートは終点となります。

写真中央の樹にある黄色いテープマーキングが目印です。

写真下方には、7315ルートの左右に走る踏み跡が見えます。


































7315ルートに立って、振り返って撮りました。

写真中央やや左に、目印となる黄色いテープが見えます。当ルートは、写真中央奥付近から出てきます。







7315(高尾山)ルートの下り道を10m程進むと、写真の標識があります。




















7315ルートの登り方向に進みます。

黄色いテープマーキングを右に見て、踏み跡を辿ります。


















凡そ5分程で、高尾山・山頂に着きます。

松の樹が中央にあり、平地の頂上です。


















頂上にある3つの標識です。

北の方角は、7319(鬼が島・水無山・高尾山)ルートです。












東の方角は、7315(高尾山)ルートで、湯槽谷山方面に至ります。














西の方角は、7315(高尾山)ルートで、仏谷峠に至ります。












コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。


コースを地形図で知る


近隣ルートも表示しています。当ルート(7355)は、橙色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 73のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system