調査日: 2014年 6月20日


7352 ナバ谷東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7352    ・ナバ谷東尾根 1.2  ・分岐(ナバ谷中央尾根)〜尾根筋〜分岐(ナバ谷中央尾根)


コースの概要

ナバ谷の東の尾根筋を辿る「上り専用」のルートです。

ナバ谷堰堤を越す直前に、東の尾根筋に取り付きます。急こう配の尾根筋を経て、ナバ谷中央尾根ルートに出合います。

当ルートは、急勾配の杉の植林地帯を通ります。下りルートは、滑りやすい上に、スリップ防止の立木も殆どなく、滑落すると大変なことになります。

また、ナバ谷中央尾根から当ルートに入る分岐点は杉林の中にあり、標識も踏み跡もないので、下りルートで歩くことはお勧めではありません。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。
























此処は、7351(ナバ谷中央尾根)ルートの分岐点となるダム前です。

ダムの右上に看板があります。

取敢えず、7351ルートに入り、ダムを越えて入渓する直前に、右岸側の斜面に取り付きます。






ダムの名称は、「ナバ谷砂防ダム」です。




















ダムは2連ダムになっており、主ダムを越す直前辺りを分岐点とし、

左手の斜面に取り付きます。

稜線目指して滑りやすい斜面を登ります。

ダムから分岐点までは2分足らずです。














直ぐに尾根筋に至ります。


























踏み跡が明確ではありませんが、尾根筋を外さないように登ります。




















分岐点から約10分、杉の植林地帯を通ります。




















少しずつ、勾配がキツクなってきます。

下りコースの場合、広がる尾根筋では少し迷いやすい処もあります。


















最初のピーク直前です。




















分岐点から約25分、ピークに、「松茸山につき入山を禁ず」の標識があります。

突然の標識に出合い、ビックリします。

マッタケ・シーズンの入山は、誤解されないように気を付けた方が良さそうです。
















少し緩やかな尾根筋を歩きます。


























再び、急勾配の尾根筋に変わります。




















分岐点から約35分、崩れた尾根筋に差し掛かります。

岩場の左手を通りぬけます。


















勾配がどんどんきつくなります。


























アジサイの中をぬけ、尾根筋を辿ります。




















急こう配の尾根筋が約15分程続きます。

スリップ防止、転落防止の手懸りとなる適当な太さの樹がありません。

登りは何とかなりますが、下りコースは「要注意」〜「危険」な尾根筋です。

一旦スリップすると大怪我の恐れがあります。




















こんな急勾配が続きます。


























リボンのマーキングがありますが、数は少なく、

下りルートの場合は、迷いやすい幅広の尾根筋があります。

ササと杉の落ち葉で踏み跡は明確ではありません。
















分岐点から約50分、最後のピークです。

ピークは平坦地になっており、踏み跡はなくなり、方向感覚がなくなります。

枯枝がありますが、目的がよくわかりません。

写真右手の平坦部に上ってきましたが、

置かれている枯枝を跨ぎ、南の方向(写真の左側)に進みます。












踏み跡のない杉の植林地帯を「南」の方向に進みます。




















ピークから3分程で、7351(ナバ谷中央尾根)ルートに出合い、

当ルートの終点となります。

写真左手から進んできて、写真中央付近の踏み跡に出合います。

分岐点から此処まで、約55分です。

尚、7451ルートのどの辺りに出合うかは、その時の運次第です。






























7351ルートに入り、約15分で、写真中央の水道局ポンプ場に至ります。



コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


シラケ谷とナバ谷に挟まれた近隣ルートも表示しています。当ルート(7352)は、地形図左手に赤色で表示しています。

<ナバ谷・シラケ谷の北半分の地形図>



<ナバ谷・シラケ谷の南半分の地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 73のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system