調査日: 2016年11月22日

7303 逢山峡

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7303   ・逢山峡 4.4  ・神鉄・有馬口駅〜東山橋〜猪ノ鼻滝〜仏谷・茶園谷分岐〜石鳥居(裏六甲ドライブウエイ)


コースの概要

逢山峡の渓谷沿いの林道を歩くルートです。

神戸電鉄・有馬口駅から唐櫃地区を経由して林道に入り、猪ノ鼻滝を覗き、仏谷、横谷、古寺山への分岐を経て

裏六甲ドライブウエイに出合います。その直前の石鳥居が、ルートの終点となります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、「神戸電鉄・有馬口駅」の北出口です。

此処を、当ルートの分岐点とします。


















改札を出て、線路沿いに大池駅方面に向かいます。




















改札口から約2分、踏切があります。

此処で左折し、踏切を渡ります。

太い舗装道を、道なりに進みます。

これから先、終点直前を除いて、舗装道を歩くことになります。














直ぐに右手に介護サービスの建物があります。




















分岐点から約6分、「専念寺」へ左折する分岐があります。

当ルートは直進します。


















舗装道を道なりに進みます。

田んぼ、畑が道の両側に広がっています。


















写真中央付近に、高速道路の高架橋が見えてきます。




















分岐点から約12分、

右手に「山王神社」がこんもりとした木立の中にあります。



































駅から20分ほどで、高速道路が頭上近くに見えてきます。

写真中央で2分岐します。写真右端に、「合ノ木橋」があります。

当ルートは、橋の手前で左折し、高速道路の下を進みます。

直進して橋を渡り、古寺山に至るのが、7331(古寺山:表参道)ルートです。






橋手前で左折すると車止めがあり、

此処から、本格的に山中に入っていきます。



































車止めのすぐ先に、「奥山川堰堤」があります。






杉の中をぬけていきます。

右下が渓谷です。


















分岐点から約25分、右手の少し入った処に、

コンクリート橋があります。「東山橋」です。

橋を渡って直ぐに左折すると、7325(古寺山)ルートです。

当ルートは、橋を渡らず直進します。














東山橋の左手には、案内板があります。

案内板の左手が「逢ヶ山」です。


















案内板から100m程度進んだ処に、電柱があります。

写真右端に、コンクリート電柱、

電柱のすこし手前にある杉の樹に注目します。






















赤と黄色のテープマーキングが写真右端にあります。

木の左に、斜面を駆け上がる踏み跡があります。

此処が、7313(逢ヶ山)ルートへの分岐点です。

当ルートは、舗装道を直進します。














渓谷沿いの舗装道路を、徐々に高度を上げながら進みます。




















分岐点から約35分、

道が大きく左カーブする地点に、「不動明王」があります。

いつ通っても、花が手向けられています。






















右側は逢山峡の渓谷で、沢の音が爽やかです。




















分岐点から35分強で、水場があります。

以前は此処で喉を潤したことがありますが、

今回は、枯れる寸前です。
















新たな水場が、以前の水場の少し手前にあります。

ここも、水量は殆どありません。



































分岐点から約40分、2分岐があります。

当ルートは直進しますが、写真右手のチェーンを越して渓谷沿いに進むのが、7345(逢山峡:桂ヶ谷)ルートです。























前写真の分岐のすぐ先の右手に、「逢山峡 砂防ダム」があります。






分岐点から約45分、木々の間から滝の流れを確認することができます。

舗装道から下方の滝つぼ迄、20m以上はありそうです。

「不動滝」と呼ばれている滝かも知れませんが、未確認です。
















先の滝から少し進み、「猪ノ鼻小橋」を渡ります。




















橋の中央から下流側を見ると、「猪ノ鼻滝」があります。

橋の直前に、滝近くに行ける踏み跡が有ります。


















舗装道が続きます。





































分岐点から約50分、「柴小場堰堤」が左手にあります。























分岐点から約50分、「仏谷分岐」があります。左右の写真は、同じ分岐点ですが、季節ごとの景色の違いが分かります。

左折するのが、7305(仏谷)ルートへの分岐点です。当ルートは右手を直進します。























仏谷分岐の直ぐ先に、「茶園谷分岐」があります。左右の写真は、同じ分岐点ですが、季節ごとの景色の違いが分かります。

左折すると、7309(茶園谷)ルートとなります。

仏谷分岐と茶園谷分岐は、直ぐ近くにあるので間違いやすいのですが、

茶園谷分岐は、分岐点の真ん中に松の木があります。

当ルートは、右手を直進します。























分岐点から約60分、左カーブする直前に、古寺山に向かう分岐があります。

写真右手に少し入り込んだ処から谷筋に向かう踏み跡なので、見落としやすいかも知れません。

当ルートは、写真左手の舗装道を辿ります。






前の写真の右手に接近して撮りました。

ササで覆われ、分かりづらい踏み跡ですが。

7325(古寺山)ルートへの分岐点です。

左端の切り取られた樹に、青いテープがあります。

その右手に、踏み跡が有ります。












土石流防止のダム(?)が左手にあります。





































分岐点から約65分、「猪ノ鼻橋」を渡ります。






これも土石流対策のダムでしょうか。





































分岐点から約75分、右手の斜面に、古寺山への分岐があります。

左写真は分岐の直前、右写真は分岐を通り過ぎて振り返って撮りました。

当ルートがカーブしている辺りで、斜面を駆け上がる踏み跡が見えます。






踏み跡の拡大です。

写真上部左手に標識が見えます。
























前写真の標識の拡大です。

標識には、「古寺山」とあります。

此処は、7329(古寺山:行者道経由)ルートへの分岐点です。
















ルートは、大きく右カーブします。





































分岐点から約75分、標識があり、左折する分岐があります。



















分岐点に立つ標識の拡大です。

当ルートは、幅広道から別れ、「前ヶ辻」方面に進むべく左折します。











左折すると、細い踏み跡が一直線に続いています。

当ルート初めての土の道ですが、直ぐに「裏六甲ドライブウエイ」に至ります。


















踏み跡を辿ると、直ぐに、石鳥居があります。

石鳥居をくぐります。


















石鳥居のすぐ先が、「裏六甲ドライブウエイ」です。

此処を、当ルートの終点とします。

神鉄・有馬口駅から此処まで、約80分です。
















前の写真の中央部分の拡大です。

道路を横切り、階段を登るのが、7301(シュラインロード)ルートです。

右折し道路を下っていくと、7507(六甲アルプス)ルートの分岐点に至ります。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(7303)と交差又は分岐するルートも表示しています。


地形図 1/5 ; 神鉄・有馬口駅から山王神社付近



地形図 2/5 ; 山王神社から奥山堰堤付近



地形図 3/5 ; 奥山堰堤から逢山峡砂防ダム付近



地形図 4/5 ; 逢山峡砂防ダム〜猪の鼻橋付近


地形図 5/5 ; 猪の鼻橋〜石鳥居付近


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 73のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system