調査日: 2013年 3月26日


7121 射場山周遊路

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7121   ・射場山周遊路 0.9  ・東屋と石碑(魚屋道)〜射場山・山麓〜分岐(魚屋道)


コースの概要

射場山の山麓を一周するルートです。

魚屋道の東屋(休憩所)と石碑がある処から射場山の山麓を回遊するようにトラバースし、再び魚屋道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0317(魚屋道)ルートの東屋がある処です。

山上から降りてくると、東屋が左手にあります。

此処で左カーブします。
















左カーブする右手に、石碑と標識があります。

此処が、当ルートへの分岐点です。

標識の後ろ、笹に覆われた踏み跡に入ります。
















数本の樹が倒れている間をぬって進みます。


























上り坂になります。

























分岐点から約3分程、上り坂が左カーブする地点です。

注意していないと見過ごしてしまいますが、分岐があります。

7169(射場山周遊路〜瑞宝寺谷西尾根)ルートは、

写真中央を分岐点に、右手斜面をトラバースする踏み跡に入ります。














当ルートは、前の写真尾中央で左折し、写真左下から右上に踏み跡に進みます。

黄色いテープマーキングのある細い樹があります。


















今度は少しトラバースします。




















分岐点から7〜8分、杉の植林地帯を進みます。

平行道から下り坂になります。


















分岐点から約10分、分岐があります。

7123(射場山周遊路〜稲荷神社)ルートは、写真中央右の尾根筋へと進みます。

当ルートは、写真中央で左折します。
















今度は、暫くの間、トラバースし、少しだけ上ります。




















杉の倒木が沢山横たわる峠のような処にでます。

分岐点から此処までは、約15分弱です。

左右にあるピークの間となる写真正面を進み、谷筋を下って行きます。
















転換点です。

この写真は振り返って撮りました。

1分も下らないうちに、足元に低い椿の樹があります。

此処で、谷筋から分かれて、左折(写真右手へ)します。






















うっすらとした踏み跡を辿り、山腹を斜めに登ります。

(転換点に気づかず、下りの勢いで谷筋を降りても、稲荷神社への近道標識の辺りで、魚屋道と出合います)






















直ぐにトラバースする踏み跡になります。




















倒木が横たわる先に、魚屋道が見えます。




















0317(魚屋道)ルートに出合います。

魚屋道が大きくカーブする地点です。

此処が当ルートの終点です。

分岐点から此処まで、約20分程です。















魚屋道から見た、当ルートです。

目立った標識は何もありません。

現時点では、写真中央の空中にある倒木と、

魚屋道の急カーブする地点であるというのが目印です。
















コースの登り下りと歩行距離を知る





このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


射場山周遊路とそれにつながる抜け道を中心に表示しています。当ルート(7121)は、赤色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 71のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system