調査日: 2013年 3月26日


7119 滑 滝

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
7119   ・滑滝 0.3  ・滑滝分岐(紅葉谷道)〜滑滝


コースの概要

有馬・滑滝をめぐるルートです。

紅葉谷道・白石砂防ダムから分岐し、堰堤湖に沿ってトラバースし、滑滝に至ります。元の分岐に戻リます。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0703(紅葉谷)ルートの「白石砂防ダム」標識です。

この標識を左に見て、写真右端を進み、突き当りで左カーブし、石階段を降ります。



















石階段を下り、右カーブする地点で振り返って撮りました。

写真中央付近から、広い河原に降ります。

此処が、当ルートへの分岐点です。

夏シーズン、草木が萌え盛り、ツタのある樹が前進を阻み、引き返したことがあります。

踏み跡はありませんが、右手の沢沿いに下流側に進みます。











堰堤湖に近づいたところで、流れを横切ります。

写真左手奥に、堰堤が白く見えます。

写真中央少し手前には、石が適当な間隔に置かれており、そこから渡ります。
















渉ると、ロープがあり、堰堤湖面から少し高い位置に上がります。




















あとは、踏み跡を辿り、トラバースします。

何となく神秘的な感じのする道です。

左手には静かな湖面の堰堤湖、道はしっとりと濡れている様で

緑が美しく、空気も何となく湿っています。

















ロープを伝い、河原に降ります。

















堰堤湖が広がっています。

右手には、2つの谷筋があります。

草木に覆われて見えない左谷から水音が聞こえてきます。
















谷に近づくには、身をかがめ、ツタと草木の間をすり抜ける必要があります。

数m足らずですが、夏シーズは難渋します。



















水音のする方向に進むと、眼前に岩壁がそびえ、滑滝が現われます。

水量は多くありませんが、高さは30m位で、3段の滝です。

分岐点から此処まで、約15分です。





















堰堤湖を見ながら、元の分岐点に戻ります。

















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。当ルート(7119)は、緑色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 71のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system