調査日: 2015年10月16日


6921 水野谷東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6921   ・水野谷東尾根 1.2  ・分岐(水野谷中央尾根)〜尾根筋〜尾根分岐(六甲全山縦走路)


コースの概要

水野谷と六甲全山縦走路を結ぶルートです。

須磨名水の森入口から直ぐに右折し、右手の尾根筋を登り、東山から須磨アルプスに向かって急降下した処で、六甲全山縦走路に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁のコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、6927(水野谷中央尾根)ルートの、「須磨名水の森入口」です。























「須磨名水の森入口」を入ると、河原が広がります。

6927ルートは、写真左手の石垣沿いに、上流側に向かって進みます。

当ルートは、写真右手奥に回り込み、写真中央にある尾根筋を経て、六甲全山縦走路に至ります。






石伝いに河原を横切って右手に進み、

直ぐに左カーブします。

当ルートの分岐点を河原に置かれた2つの石とします。
















左カーブした先方に、ダムがあります。

写真中央付近がダムとなりますが、暗く映って見えません。


















先ほどの飛び石から約40歩、

約1m弱の石垣が続いています。

写真中央付近、ササの葉が無くなり、踏み跡があります。

石垣のすぐ上には太い枯れ樹があります。































白いテープが巻かれた枯れ樹の拡大です。

枯れ樹を掴み、石垣を上り、その先に続く踏み跡を辿ります。






山腹にうっすらと跡の付いた踏み跡があります。

砂地が多く、滑りやすい斜面です。


















直ぐに明確な踏み跡が続きます。

左右に落ち込んだ馬の背の尾根筋を進みます。

分岐点から此処まで、約8分です。
















小ピークです。

分岐点から此処まで、約10分です。


















一旦下り、再び上りになります。




















尾根筋の途中に石柱があります。


























前方右手のピークを極めず、

ピークの左手斜面の踏み跡を辿ります。

分岐点から此処まで、約20分です。
















190mピークです。

分岐点から此処まで、約25分です。


















前方右手のピークを極めず、

ピークの左手斜面の踏み跡を辿ります。


















尾根筋を辿ります。




















前方左手に稜線を見ながら、

ピークの右手斜面をトラバースします。


















2分岐があります。

右手は露岩地帯を登り、東山の山頂に至ります。

当ルートは、写真左手の踏み跡に入ります。

分岐点から此処まで、約35分です。














前の写真の2分岐から直ぐに、

写真右手の標識と、六甲全山縦走路が見えてきます。





































標識を通り過ぎ、振り返って撮りました。

写真右手は、当ルートで、写真中央の標識で六甲全山縦走路に出合い、終点となります。

写真左手の階段道は、東山山頂に至ります。

分岐点から此処まで、約35分です。






前の写真の階段道を登り詰めると、

此処は、0101(須磨浦公園駅〜鵯越駅)ルートの東山です。

写真左奥に見える山塊は、須磨アルプスです。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


須磨アルプス稜線の南側には、多くのルートがあります。ルート間の正しい位置関係を知るために、当ルートと近隣ルートも表示しています。


地形図1: 須磨アルプスの南面(最北部)




地形図2: 須磨アルプスの南面(中央部)




地形図3: 須磨アルプスの南面(最南部)・・・地図1、2と縮尺が異なります。




上記地形図は、「カシミール3D」で作成しました。 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 69のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system