調査日: 2015年 7月10日


6909 東山(板宿八幡神社経由)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6909   ・東山(板宿八幡神社経由) 2.6  ・山陽・板宿駅〜板宿八幡神社〜尾根道〜東山


コースの概要

須磨アルプスの東の起点、東山をめざすルートです。

山陽電車の板宿駅から市街地をぬけ、板宿八幡神社を経て山道に入ります。

良く歩かれた道をクネクネと歩き、途中展望を楽しみながら、須磨アルプスの東の入口に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る








此処は、山陽電車・「板宿駅」の北側出口です。

当ルートへの分岐点です。

















コンビニの横を通り、突き当りで左折します。




















左折すると直ぐに大通りに出合います。




















大通りで右折し、

北に向かって進みます。



































「前池町」バス停があります。

この先に、運行系統が異なる、もう一つの「前池町」バス停があります。






信号を渡ります。

























2つ目の「前池町」バス停を通り過ごします。



























電柱に「八幡神社」への案内標識があります。

八幡神社に至るまでは、電柱の表示を注意してください。

駅を出てから此処まで、約5分です。

この標識に従い、市街地を抜け、八幡神社に至ります。

此処で左折し、橋を渡ります。












川は「妙法寺川」、橋は「板宿橋」です。

橋を渡って直進し、住宅街を進みます。

(調査日時点では、此の橋は工事中で、上流側の橋を渡りました。

工事完了後は、此の橋を渡ります)































橋を渡り、幼稚園前を通ります。






写真左上に注目してください。

八幡神社への案内標識が電柱の上部にあります。

此処で右折します。
















右手の舗装道に進みます。

写真右端の電柱にも案内標識があります。

写真中央を分岐点に直進すると、

6925(勝福寺道)ルートとなります。














案内標識に従って進みます。




















住宅街をぬけるまでは、電柱の表示を注意してください。

八幡神社に向かう表示が、途中に数箇所あります。

表示に従うと、住宅街を迷うことなく抜けていけます。
















写真中央の電柱の上部に、八幡神社への標識があります。


























写真左上の標識を見てください。




















写真右端上の標識を見てください。




















住宅街の中を抜けていきます。

登り坂です。
























「八幡神社」境内につながる石段道に入ります。




















右折左折を繰り返しながら、八幡神社に近づきます。





















3分程石段道を上がると、石鳥居、その手前左に石灯篭があります。

石鳥居の手前で左折します。

分岐点から此処まで、約20分です。















石灯篭の向こう側に見える道に進みます。

直ぐに、階段道となります。

























階段道を登り切ると、「須磨アルプス」に至る山道が始まります。

























良く踏み固められた道です。


























石鳥居から約10分程の上り坂を経て、

殆ど平坦な道になります。

此の辺りから、緩いこう配の道が続き、少しづつ高度を上げていきます。
















神社から8分程で、鉄塔の傍を通ります。

鉄塔の向こうに、白い標識があります。


















前の写真の右端にある標識の拡大です。

分岐点から此処まで、約30分です。


















標識で左折すると、6925(勝福寺道)ルートになり、

尾根道を経て、勝福寺に至ります。


















階段道が続きます。











































分岐点から約40分、左手に広場のある3分岐に至ります。

右手の写真は、写真中央の階段を2段登った右手にある標識です。

当ルートは、写真左、写真中央のいづれに進んでも、しばらく進んだ先で合流します。






もう一つの分岐は、標識を通り過ぎて振り返ると分かります。

写真右手から進んできた標識を過ぎ振り返って撮りました。

標識の左手の上り坂に進むのが、

6913(東山:禅昌寺経由)ルートで、

急降下道を経て、「禅昌寺バス停」に至ります。












先の2分岐の右手の階段道に進みます。


























約6分ほどの上り道を経て、ベンチのある休憩所です。

伐採が行われ、視界が広がります。

分岐点から此処まで、45分弱です。
















神戸市街地が見えました。




















林の中を進みます。




















左折する踏み跡があります




















踏み跡に入ると直ぐに、「春日大明神」があります。

行止りなので、もとに戻ります。
























分岐点から約50分、古びた標識を通り過ぎ、

振り返って撮りました。

先の2分岐で、右手の道を登り、此の標識まで来ましたが、

先の2分岐で左手の広場を抜ける道を選ぶと、

写真右手の道を経て、此の標識で合流します。





























木製のベンチのある展望休憩所です。






ベンチから、神戸の市街地が望めます。




















再び、林の中を進みます。


























分岐点から約55分、分岐があります。

写真中央付近にコブのような盛り上がりがあり、その左右に階段道が見えます。

当ルートは、写真手前から進んできて、写真左手に進みます。

写真右手の階段の先で下り坂になるのが、6911(横尾道)ルートです。














階段道を登ります。


























分岐点から約60分、鉄塔とベンチがあります。

此処からも、神戸の市街地が眼前に広がります。


















再び、林の中を進みます。


























先の鉄塔から約2分、

左手の盛り上がりに、白い「火の用心」標識が見えてきます。


















白い標識を通り過ぎ、振り返って撮りました。

写真中央の盛り上がりの右手下に踏み跡があります。

6923(高尾鉄塔巡視道)ルートは、此処を分岐点とし、右手の踏み跡に入り、

尾根道を下り、鉄塔を経て、山陽電鉄・「東須磨駅」に至ります。














段々と緩い上りとなります。

良く整備された道を進みます。


















下りになります。




















短い距離ですが、転落注意の標識がある馬の背です。




















当ルートの最後の上り階段です。

この階段を登り切ると「東山」に至ります。


































「東山」の案内標識があります。



























此処が当ルートの終点です。

板宿駅から此処までは、約70分です。

此処で、0101(須磨浦公園〜高取山)ルートに出合います。






東山から西の方向に広がる須磨アルプスの一部が見えます。

写真右上は、横尾山です。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(6909)及び、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 69のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system