調査日: 2014年 2月 1日


6511 菊水東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6511    ・菊水東尾根 1.2  ・分岐(菊水ゴルフ場)〜尾根筋〜菊水山


コースの概要


菊水山を東側の尾根筋から登るルートです。

菊水ゴルフ場正門付近から分岐し、石柱を辿りつつ、ササの生い茂る尾根筋を登り、菊水山頂に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、有馬街道の「金清橋」です。

阪急バス「高座金清橋」バス停は、写真中央奥付近にあります。

黒い自動車の進行方向は、鈴蘭台方面となります。

この橋を、当ルートの分岐点とします。

写真上部の奥に見えている青い看板に向かって進みます。












看板に近づき、その手前で左折し、「菊水ゴルフクラブ」に向かいます。




















舗装道を、少しずつ高度を上げながら進みます。




















分岐点から約15分、坂を登りきると、駐車場があります。

写真には写っていませんが、右手が「菊水ゴルフクラブ」の正門になります。


















駐車場の手前で、振り返って撮りました。

道路の側に、太い樹と、赤いテープが見えます。


















此処から、斜面に取り付きます。

太い樹の左側から、藪に突っ込み、尾根筋を目指します。
























10分近く、ササの密集した中を藪漕ぎしますが、結構楽に進めます。

しかし、繁茂するシーズンは、かなり難渋すると思われます。

尾根筋に入ると、左右をササに囲まれた踏み跡が見えてきます。

この辺りまで来ると、あとは尾根道を只管辿りながら登っていきます。














直ぐに石柱に出くわします。

当ルートには、都合4個の石柱があります。


















尾根筋の踏み跡は、この後も、左右がササに覆われています。




















振り返ると、ゴルフクラブの建物が見えます。

写真左端の木々に隠れた中央部が、先程の駐車場になります。


















分岐点から約35分、2番目の石柱です。

刻まれている文字は判別できません。

小さい方には、人名が刻まれています。
















菊水山の山頂付近が望めます。




















分岐点から40分弱、3番目の石柱があります。




















露岩のある急な斜面を登ります。


























分岐点から約50分、4番目の石柱が、写真左にあります。




















石柱を越した辺りから、上方に稜線が見えてきます。

稜線が見えてきたら、やや左手に進路を変えます。


















最後の最後まで、ササに囲まれた踏み跡を抜けていきます。


























分岐点から約60分、終点です。

写真手前から来て、大きな石と松があり、その向こうに踏み固められた道が見えます。

大石の向こう側で、六甲全山縦走路に出合います。
















石の向こうを見上げると、直ぐ先に、菊水山のパラボラアンテナ塔が聳え立っています。












































六甲全山縦走路から当ルートの終点を撮りました。

写真下部が六甲全山縦走路(右手が、鵯越駅方面)、写真中央の石の奥に見えるササのある踏み跡が当ルートです。


コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

近隣ルートも表示しています。当ルート(6511)は、緑色で表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 65のページに戻る


トップページに戻る

inserted by FC2 system