調査日: 2013年 2月21日


6505 菊水西尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6505   ・菊水西尾根 0.6  ・西尾根分岐(烏原大橋北詰)〜尾根筋〜南・西尾根分岐(菊水西谷)


コースの概要

石井ダムの北端から菊水山をめざすルートです。

石井ダム北の烏原大橋北詰から山中に入り、ダムに平行に進んだあと、急峻な尾根道を辿り、菊水西谷に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、石井ダムの北にある烏原大橋北詰です。

此処までは、6561(菊水管理道入口〜烏原大橋北詰)ルートまたは、

6563(石井ダム分岐〜烏原大橋北詰)ルートにて紹介しています。
















烏原大橋の直ぐ北、数メートルの処に、コンクリート製の電柱があります。

写真右端は、烏原大橋北詰です。

写真中央付近と、左端に樹に隠れた電柱が見えます。

此処が、当ルートの分岐点です。

2本の電柱の間を進みます。












直ぐに、黄色いテープマーキングがあります。




















木立の向こうに、石井ダム、写真右端上には、烏原大橋が見えます。


























石井ダムの湖面に向かうように、斜めに降りていきます。

踏み跡を見ながら降りていくと、途中から、踏み跡はトラバース道になります。


















木立の向こう側に、烏原大橋が見えます。




















トラバースします。


























分岐点から10分弱、左斜面のガレ場を抜けます。




















崖を登りますが、ロープがあります。


























ガレ場から2分、枯れ谷を横切ります。

この枯れ谷をつめていくと、菊水ルンゼと思います。

(危険道と聞いており未踏です)






















枯れ谷を越すとトラバースは終わり、急な登りに変わります。


























露岩を登ります。

急峻な上りが続き、高度を稼ぎます。
























シッカリとした岩場です。




















岩場から石井ダムを眺めると、妙号岩が遠くに見えます。

写真中央ですが、「南無阿弥陀仏」と刻まれています。
























更に上り続けます。

ちょっぴり危険を感じますが、気持ちの良いルートです。


















基準点があります。

分岐点から此処までは、約25分です。


















急峻ですが、登り易い露岩道です。


























この辺りから、勾配は緩くなります。

分岐点から此処までは、約35分です。


















岩場はなくなり、ササの覆う尾根筋を辿ります。


























6507(菊水南尾根)への分岐点です。

踏み跡は明確ではありませんが、テープマーキングがあります。

分岐点から此処までは、約45分です。


















菊水南尾根への分岐をやり過ごし、約100歩ほど進むと、

菊水山に向かう6503(菊水西谷)ルートに出合い、当ルートは終点となります。

分岐点から此処まで、約50分です。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


コード番号:65に分類するルートと、これらと交差又は分岐するルートを表示しています。

<神鉄・鈴蘭台〜菊水山付近の地形図> 2枚目・3枚目の地形図と縮尺が異なります。



<菊水山〜菊水南尾根・転換点付近の地形図>  1枚目の地形図と縮尺が異なります



<菊水南尾根・転換点〜全山縦走路・石井ダム分岐点付近の地形図>  1枚目の地形図と縮尺が異なります


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 65のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system