調査日: 2013年 2月21日


6501 菊水山(鈴蘭台ルート)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6501   ・菊水山(鈴蘭台ルート) 2.0  ・神戸電鉄・鈴蘭台駅〜菊水管理道入口〜遊歩道〜鈴蘭台分岐(六甲全山縦走路)


コースの概要

鈴蘭台から菊水山をめざすルートです。

神戸電鉄・鈴蘭台駅から住宅街をぬけ、菊水山アンテナの菊水管理道路入口までは舗装路を歩きます。

入口からは、電波塔に至る車道を歩かずに、菊水山周遊路を歩きます。途中、毎日登山の署名所を経て菊水山に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


(菊水山から鈴蘭台駅に向うルートで紹介します)






此処は、菊水山の頂上です。

菊水山の石碑と電波塔があります。

0103(鵯越駅〜市ケ原)ルートを、鍋蓋山に向かって進みます。
















直ぐに、左手に舗装道が見えます。

写真右の階段道は、鍋蓋山に向かいます。

写真中央には、分岐の標識があります。

















分岐標識の拡大です。

当ルートは、縦走路から分かれ、鈴蘭台方面に向かいます。























舗装道がありますが、当ルートは、舗装道を極力歩きません。

ガードレールの右側、土の道を歩きます。


















直ぐに、階段道が始まり、暫くの間続きます。


























分岐点から5分程で、東屋に着きました。




















此処は、毎日登山の署名所になっています。

東屋の前の舗装道を少し進みます。
























舗装道の左手に、分岐の標識があります。

再び、山道に入ります。


















階段道が続きます。


























一旦舗装道に出た後、右手に分岐があり、

山道に再び入ります。


















良く踏み固められた道を谷沿いに進みます。




















分岐点から約20分で、ダムを右手に見て越します。

写真は、振り返って撮りました。


















ダムを越すと、前方に舗装道が見えます。

写真奥には、入口の柵も見えます。

菊水山アンテナのNTT管理用道路の始点まで、降りてきました。
















舗装道に立ってダムを見上げると、標識があります。

菊水山周遊路を降りてきたことになります。

管理車道を歩いたことはありませんが、蛇行を繰り返す道で、楽しくないと思います。

逆コースで菊水山をめざす場合は、周遊路をお勧めします。






















管理道の入口の柵(一般車は通行禁止)を出て撮りました。

分岐点から此処(菊水山登山口)までは、約25分程度です。
















先ほどの柵から少し離れて、もう一つ柵があります。

写真左手から降りてきた処です。

写真右手にも道がありますが、石井ダム方面に向かう舗装道ばかりの、

6561(菊水管理道入口〜烏原大橋北詰)ルートです。














前の写真の右端に小さく写っている標識です。




















2つ目の柵を右に見て、坂道を下ります。

此処からは市街地を抜けていきます。


















最初の分岐で左折します。

直ぐに突き当りになるので、右折します。


















右折した後は、直進します。

神戸電鉄に沿って道なりに進みます。


















菊水管理道入口から、10分少しで鈴蘭台駅です。

菊水山山頂から、此処までは、約40分です。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


コード番号:65に分類するルートと、これらと交差又は分岐するルートを表示しています。

<神鉄・鈴蘭台〜菊水山付近の地形図> 2枚目・3枚目の地形図と縮尺が異なります。



<菊水山〜菊水南尾根・転換点付近の地形図>  1枚目の地形図と縮尺が異なります



<菊水南尾根・転換点〜全山縦走路・石井ダム分岐点付近の地形図>  1枚目の地形図と縮尺が異なります


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 65のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system