調査日: 2016年 3月 6日


6317 鍋蓋第二北尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6317    ・鍋蓋第二北尾根 0.6  ・分岐(地獄谷右俣)〜岩尾根〜分岐(鍋蓋北谷)


コースの概要


鍋蓋地獄谷(左俣)の北側の尾根筋を辿るルートです。

鍋蓋地獄谷右俣に入渓する直前に分岐して尾根に取り付き、露岩や岩場の多い尾根筋を辿り、鍋蓋北谷道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























当ルートの分岐点に至るまで、6313ルートに入ります。

此処は、6313(鍋蓋地獄谷:右俣)ルートの途中です。「水呑バス停」から約10分進んだ処です。

火の用心(写真左手)の標識で左折し、斜面を登り、すぐ先で斜面を下りていきます。






斜面を下り、沢筋に降り立ちます。

此処から、上流に向かいます。

少しだけ沢中を辿り、次いで左手の沢沿いに進みます。
















石積みを左に見て、沢筋沿いに進みます。




















此処は、6313(鍋蓋地獄谷:右俣)ルートの入渓直前の

石垣の切れ目(二つ目)です。

6313ルートは、石垣の切れ目で右折し、谷筋に降ります。

当ルートは、この石垣の切れ目で左折し、山腹に取り付きます。














繁茂期は難渋する藪漕ぎになることと思います。

僅かの距離ですが、頭を低くして、草木をかき分けながら進みます。

























分岐点から約5分、尾根筋に入るとピンクテープがあります。



















露岩の尾根筋を辿ります。




















露岩の向こうに白く見えるのは土砂です。

岩の向こうは谷筋ですが、そこに土砂が流れ込んでいます。


















岩場と露岩の多い尾根筋を辿ります。




















尾根筋のすぐ左手に土砂が迫っています。

写真右端は尾根筋で、尾根筋の一部が土砂で浸食されています。

此のあたりは緑の山中でしたが、雰囲気がガラリと変わっています。
















尾根筋が、造成工事(?)で寸断されています。

土砂の中を少しだけ歩き、写真中央付近の崩れた岩場を登り、

写真右手上の尾根筋に戻ります。

現在も工事機械が入っているので、どのように変化するかは

予測できません。通行不可になっているかも知れませんので

ご注意ください。










土砂と樹木の接した旧尾根筋を進みます。




















尾根筋に戻りますが、樹木の向こうには、

工事現場が広がっています。

尾根筋の崩れた箇所は、約5分程で通り抜けることができます。








































尾根筋の途中で振り返って撮りました。






露岩の多い尾根筋を辿ります。


























尾根筋には、随所にピンクテープがあります。


























分岐点から約10分、岩場を通ります。

岩場は固くて滑りません。危険ではありません。
























露岩のある尾根筋を辿ります。


























剥き出しの露岩が多い尾根筋です。




















分岐点から約15分、右下にダムが見えます。




















分岐点から約20分、傾斜が緩くなり、台地が広がります。

迷いやすい処ですが、写真右手方向に進むとテープマーキングがあります。


















以前に比較すると倒木が多く、雰囲気が変わっています。

倒木を避けると、却って踏み跡を外してしまうかも知れません。

倒木の下を潜り、跨いで進みます。
















マーキングが見つかると正しく尾根筋を進んでいます。




















テープマーキングを辿り、尾根筋を外れないように進みます。


























分岐点から約25分、尾根筋に短い石柱が埋まっています。

石柱は、プラスチック杭で囲まれています。

























尾根筋が崩壊してます。

マーキングテープに従い、写真左手から迂回します。

















分岐点から約35分、6311(鍋蓋北尾根)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

写真右端が、6311ルートの踏み跡です。

出合地点には、写真中央に見えるプラステック杭があります。
















6311ルートから当ルートを撮りました。

黄色のテープマーキングの左手を写真中央奥に向かのが当ルートです。


















6311ルートに入り、約5分で6303(鍋蓋北谷)ルートに出合います。

6311ルートは写真手前から写真中央へ、6303ルートは、

写真右手と写真左手を結ぶ太い道です。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。


コースを地形図で知る


鍋蓋山の北側に位置するルートを表示しています。地形図内の4桁ルート番号とルート名称の対比は、以下の通りです。

0103:鵯越駅〜市ケ原 6303:鍋蓋北谷 6311:鍋蓋北尾根 6313:鍋蓋地獄谷・右俣 6315:鍋蓋地獄谷・左俣

 6317:鍋蓋第二北尾根 6319:鍋蓋第三北尾根 6321:鍋蓋第四北尾根 6323:鍋蓋第五北尾根            


<鍋蓋山北面・北半分の地形図>






































<鍋蓋山北面・南半分の地形図>






































<鍋蓋地獄谷や鍋蓋尾根道が分岐する地点の詳細図>





































 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 63のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system