調査日: 2016年 3月20日


6305 牛の背

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6305   ・牛の背 1.6  ・鈴蘭台東交差点(有馬街道)〜洞川西交差点〜尾根筋〜牛の背分岐(鍋蓋北谷)


コースの概要

牛の背の尾根道をめぐるルートです。

有馬街道の「鈴蘭台東口」交差点から有馬街道を進み、洞川西交差点で分岐し、尾根道を経て、鍋蓋北谷道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(牛の背尾根を下るルートで紹介します)





此処は、6303(鍋蓋北谷)ルートと、当ルートの分岐点が交差する地点です。

6303ルートは、左端の階段道を上がってきて、標識で右折(写真手前へ)します。

当ルートは、この標識を分岐点とし、写真右端の道を、写真奥へ進みます。































分岐点にある標識の拡大です。












平坦な道を進みます。











































2分程進むと、分岐があります。

当ルートは、標識で左折し、階段道を下っていきます。

階段を降りずに、直進するのが、5769(洞川湖分岐〜学習の森正門)ルートです。




















前の写真の標識の拡大です。












尾根道を進みます。

何故、牛の背と呼ぶのでしょう?

馬の背と、牛の背は、どちらが厳しい尾根道でしょうか?

この尾根道は、いづれにしても特に険しい尾根道ではありません。














1つ目のコブを越します。

分岐点から此処まで、約5分です。


















下り道です。




















先のコブから約3分、二つ目のコブです。




















下っていきます。











































分岐点から約10分強で、ゴルフ練習場の横を通ります。






人家が1軒あります。

人家を右に見て、下っていきます。


























右の写真は、左写真の右手にある標識の拡大です。








尾根道からの出口です。前方に見えるのは変電所です。

此処で左折し、舗装道になります。分岐点から此処まで約15分です。






左折する処にある標識です。

写真右の道を緩やかに下っていきます。



































逆コースの場合、「カーブNO15]を越し、フェンスの切れ目で右折し、山地に入ります。






右折すると直ぐの右手に、再び変電所が見えます。

道なりに進んでいきます。



































介護施設の前を通ります。























橋を渡ります。橋の向こうの建物も介護施設です。























分岐点から約20分、有馬街道の「洞川西」交差点に出合います。右折すると、有馬方面に至ります。






左折し、有馬街道を、三宮方面に下って行きます。




















有馬街道を約4分程下って来ると、バス停があります。




































バス停の約1分先にある交差点です。






「鈴蘭台東口」の交差点で6303(鍋蓋北谷)ルートに出合い当ルートの終点となります。

分岐点から此処までは、約25分です。























右折して横断歩道を渡ると、写真左手奥の上り坂に入り、神戸電鉄・「鈴蘭台駅」方面に向かいます。


コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


6303(鍋蓋北道)、6305(牛の背)ルートを中心に、交差又は分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 63のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system