調査日: 2012年10月21日


6171 大師道〜平野谷東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6171   ・大師道〜平野谷東尾根 0.7  ・分岐(大師道)〜住宅地〜尾根筋〜分岐(平野谷東尾根)


コースの概要

大師道と平野谷東尾根を結ぶ抜け道ルートです。

山手学園側から大師道に入り、真っ直ぐ進み、最初に右折する処で、左手にコンクリート橋があります。

橋を渡り、急坂が続く市街地を通り、尾根筋に取り付き、平野谷東尾根に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(平野谷東尾根から、大師道に下るルートで紹介します)






此処は、6101(平野谷東尾根)ルートの第一ピークを過ぎ、

第二ピークに向かう途中にある右折する分岐点です

太い樹と支えの丸太、よく見ると、ペンキでうっすらと矢印があります。
















太い樹の少し先に、プラスティックの赤い標識があります。

此処を、当ルートへの分岐点とします。
























分岐点から尾根筋に向かう踏み跡は、幅2m以上もあります。




















入っていくと、直ぐに細い踏み跡に変わります。






















尾根筋を辿りながら下っていきます。


















分岐点から5〜6分下ってきました。

トタン板の囲いに出合います。

囲いに沿って下っていきます。
















途中でトタン板の囲いから別れます。

目印は、赤いペンキの矢印です。


















ジグザグに斜面を降りていきます。




















すこし下ると、木々の間から市街地が見えます。

中央少し右は、神戸ポートタワーです。



















急な斜面が前方に広がり、写真左の樹には「通行禁止」の札、

写真右手に鉄柵があります。

















鉄柵に沿って進むと、住居の入口が見えます。

ここは、市街地と山地の境目になっています。


















市街地側から山地に向かって撮りました。

上りルートは、鉄柵沿いに進み、消火栓の前を通り、左カーブして尾根筋を上っていきます。


















市街地に入り、クネクネと道なりに降りていきます。




















5〜6分下ってくると、コンクリート橋があります。

此処が当ルートの終点です。前方に見えるのは5705(大師道)ルートです。

橋を渡って写真右手に曲がると、すぐに諏訪山公園です。

分岐点から此処までは、15分強です。














当ルートの終点(橋)を、大師道から撮りました。




















橋の手前の大師道にある市街地番号の拡大です。

この標識の左に橋があります。





















コースの登り下りと歩行距離を知る






このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(6171:橙色)と交差又は分岐するルートも表示しています。他ルートについては、ルートを識別するために色合いを変えています。


<近隣ルートの位置関係も理解するための地形図>


 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 61のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system