調査日: 2016年 4月 8日


6161 二本松林道〜六甲全山縦走路

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6161   ・二本松林道〜六甲全山縦走路 0.8  ・峠分岐(二本松林道)〜七三峠〜七三峠分岐(六甲全山縦走路)


コースの概要


二本松林道と六甲全山縦走路を結ぶルートです。

二本松林道から分岐し、七三峠を経て、階段道を上り、六甲全山縦走路に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、5701(二本松林道)ルートの「七三峠」への分岐点です。

二本松林道の青色のガードレールの向こうに、標識と、丸太の階段道があります。







































前の写真の標識の拡大です。

当ルートは、此処を分岐点に、「七三峠」に向かいます。









丸太階段道を少し上がります。




















擁壁沿いに進みます。




















直ぐに、コンクリート道に出合い、左折します。

右手には駐車場があります。


















3分程上ります。




















コンクリート道は続きますが、

写真中央の標識で左折します。


















この写真は、前写真の標識を越して、振り返って撮りました。

此処から山道に入ります。

「行き止まり」は、この先にあるトンネルが通れないからです。

写真右手、七三峠に向かう上りの踏み跡に進みます。














踏み跡を辿ると階段道になります。




















七三峠の直前に、

門柱のような形をした建造物があり、その間を通り抜けます。



































七三峠にある標識です。左写真は繁茂シーズン以外、右写真は繁茂シーズンの様子です。標識が殆どササに隠れてしまう時もあります。

この標識で、6101(平野谷東尾根)ルートと交差します。

分岐点から此処まで、約10分です。





























前の写真の標識の見えていない部分です。






七三峠の標識の北側に、大きな樹と石があり、休憩に最適な場所です。






















七三峠から北に向かう細い道を進みます。


















左手に大木があります。


























直ぐに広い階段道に変わります。


























山道は、最近整備されたようです。

以前は、石がゴロゴロして歩きにくい道でしたが、丸太の階段道に変わりました。

ゴロゴロ石道は浮石も多く歩きづらい道でしたが、

歩幅が合わない階段道もつらいものです。














右手に大木があります。

階段の先に明るい稜線が見えてきます。



































丸太の階段道を上りきると、0103(鵯越駅〜市が原)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

左手に進むと「鍋蓋山」、右手に進めば「市ケ原」方面に至ります。

分岐点から此処までは、約25分です。


















前写真の左端にある標識の拡大です。































六甲全山縦走路から当ルートを見て撮りました。

写真中央の下り道が当ルートとなります。























当ルートの終点から鍋蓋山頂までは、約3分程度です。



コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(6161:緑色で表示)と、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 61のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system