調査日: 2015年 6月29日


6115 ひよどり道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
6115   ・ひよどり道 2.7  ・地蔵前広場〜三角点〜東屋〜福寿院〜亀の甲広場〜石井町バス停


コースの概要

烏原貯水池の南の尾根をたどるルートです。

貯水池西端の地蔵前公園から山中に入り、尾根筋を辿ります。東屋にて展望の後は福寿院の前をぬけ、急坂を登って尾根道を進みます。

貯水池東端で周遊路ルートと出合い、下り坂を経て、石井町バス停に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、「地蔵前公園」です。写真右端奥に、「地蔵尊」があります。

写真左は「東屋」です。

此処で、6113(烏原水源地周遊路)ルートに出合います。







































地蔵尊と東屋の中間に立っている標識です。

当ルートは、この標識を分岐点とし、「←ひよどり展望公園」をめざします。







東屋の左奥に進みます。





























河原に降ります。










河原を上流側に進み、直ぐに左斜面に取り付く踏み跡に入ります。




















少し進むと、足下に里程があります。

100mごとに設置されています。


















踏み跡を辿ります。




















地蔵前広場から約5分程進むと、鉄階段があります。




















更に少し進むと堰堤があり、堰堤越えの鉄階段を上ります。

分岐点から此処まで、約6分です。


















草に覆われた道が続きます。




















登坂と平坦道を何度か繰り返しながら、高度をあげていきます。




















右手方向に、2つ目の堰堤が見えます。
































標識があります。































2分岐があり、「滝山町」に向かうと、市街地に至ります。

当ルートは、標識左手の階段道へ進みます。
















標識があり、右折は、踏み跡も見えないくらいの激しい草叢になっています。

当ルートは、直進します。














階段道を上がるとピークに至ります。

分岐点からピークまで、約23分です。









































ピークは、砂地が剥き出しになった細長い台地になっています。






ベンチの奥に小さく見えているのは「三角点」です。











































ピークから見える稜線です。中央は「菊水山」のアンテナ、その右には、「摩耶山」のアンテナ群が見えます。























ピークの奥にあるベンチと、写真左の切り株にある標高標識です。






















ベンチの先から、市街地と海が望めます。










階段道を降りていくと、右手に東屋があります。

地蔵前広場から此処までは、約35分です。


















東屋からも市街地が望めます。





































東屋から直進すると「展望広場」に至りますが、当ルートは左折し、東屋の左下にある階段道を進みます。

写真左端の階段道を降り、「←夢野大師」の方向に進みます。






石階段道を下っていきます。


























展望台から約3分で、「福寿院」に至ります。

本道につながる階段道を降りていくと市街地に至りますが、

当ルートは、本殿前を横切ります。


































本殿を正面に見て、右手に「不動明王像」があります。

その左側の階段道を上がります。






急な階段道を登り詰めます。


























急な階段を上がってきて、振り返って撮りました。

本堂と、赤い柱の「鐘堂」が下に見えます。


















石像2体の前を通り、写真中央奥の階段を上り、尾根筋に入ります。




















再び山中に入ります。





















暫く進むと、市街地が良く見える場所があります。










































尾根道をドンドン下り、亀の甲広場を目指します。






林の中の踏み跡を辿ります。


























前方右手に墓苑が見えてきます。

写真中央付近で左折し、下っていきます。


















「烏原貯水池」が見えます。




















車止めです。

6113(烏原貯水池周遊路」ルートと此処で交差します。

車止めの向こう側が6113ルートです。

当ルートは、車止めを左に見て、幅広の舗装道を進みます。














舗装道の先にある建物はトイレットです。

その手前は細長い花壇になっています。



































花壇の中に置かれた丸石には、「亀の甲広場」とあります。

地蔵前広場から此処までは、約60分です。

当ルートは、写真右端の下り道に進みます。






急こう配の舗装道を下っていきます。




















下り道では、市街地が展望できます。




















下り道は最初は広く、住宅地を抜けていく時は、少し狭くなります。

細い分岐は気にしないで、道なりに進みます。


















道なりに進むと、信号のある辻に出ます。

此処で左折します。


















左折すると、直ぐに、「石井町バス停」です。

此処がルートの終点です。

地蔵前広場から此処までは、約65分です。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(6115、橙色で表示)及び、当ルートと交差・分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 61のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system