前回調査日: 2012年 8月18日
今回調査日: 2017年 1月10日


5901 高雄山(東ルート)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
5901   ・高雄山(東ルート) 0.6  ・分岐(市ヶ原)〜急峻な尾根筋〜分岐(高雄山:南ルート)


コースの概要

高雄山を東側から登るルートです。

市ヶ原の河原にある木橋を渡り、直ぐに尾根に取り付き、急峻な尾根道を上って高雄山を目指し、南からのルートに出合います。

下りルートは、手掛かりとなる樹木のない急峻な尾根筋を下っていくので、危険道とします。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁のコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0103(鵯越駅〜市が原)の東側の分岐点、

市ヶ原にある「桜茶屋」です。

桜茶屋から、市ケ原の河原に降りていきます。


































橋を渡ります。






橋を渡ると、尾根尻に階段になった踏み跡があります。

少しわかりづらいですが、写真中央の階段の左手に標識が見えます。


















前写真にある標識の拡大です。

標識は、階段を上っていくと「高雄山」と案内しています。

この標識から急坂を上ることもできますが、当ルートは、尾根尻を回り込みます。







































先の標識から回り込んだ処にある案内板と標識です。


















周り込んだ処にある標識には「展望コース」とありますが、樹が茂っており、展望はありません。

「←高雄山頂」に従い、案内板と標識の間から尾根に取り付きます。













最初は、こんな感じの登り道です。

石階段が半分以上埋もれており、踏み跡かどうかは不明確になっています。























直ぐに石階段はハッキリしてきます。

写真手前から上がってきましたが、

写真右手の踏み跡は、橋を渡って直ぐの階段道に至ります。

どちらから尾根筋に取り付いても、直ぐに此処で合流します。

急勾配の尾根筋になってきます。












土が流れ、木の根っこが露出した道が続きます。

太い木はありますが、手掛かりになる適当な太さの木は全くありません。

上りのときは、手掛かりになる木がなくても登れますが、

下りのルートでは、急坂を下りてくるので、躓けば一気に山腹を転げ落ちることになります。

万が一のことを考えると、下りルートは危険です。












急こう配の尾根筋を、ジグザグを繰り返しながら登っていきます。

写真のような急こう配が続きます。
























尾根筋の様子ですが、太い樹はありますが、

手がかりになるような樹はありません。

途中で振り返ると、スリップしたら、どのようなことになるのか

想像すると背筋が冷たくなります。




















こんな岩場も越していきます。

なんということない岩場ですが、尾根筋の幅が狭いので緊張します。



































写真右手の「保安林」標識のある処までは、急坂の上りが連続します。一旦ピークになりますが、眺望はありません。

写真手前中央へ登ってきて、保安林標識で左折し、写真中央奥に進み、そこからは下りになります。

分岐点から此処まで、約20分です。






ピークからの下りは直ぐに終わり、

再び、険しい尾根筋を登っていきます。
























相変わらず、写真のような急こう配が続きます。


























第二のピークです。

分岐点から此処まで、約35分です。


















第二ピークからは、比較的緩やかな尾根筋を下ります。


























下り切ると、大きな石があり、

5903(高雄山:南)ルートに出合い、当ルートは終点となります。

分岐点から此処まで約40分弱です。

前方に進むと、高雄山・山頂に至ります。














下りきった処で、振り返って撮りました。

写真中央付近が降りてきた道です。

写真右端と手前を結ぶのが、5903(高雄山:南)ルーとなります。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(5901)と交差または分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 59のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system