前回調査日:2012年 8月18日
今回調査日:2017年 1月 5日


5769 洞川湖西道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
5769   ・洞川湖西道 0.8  ・学習の森・正門〜仙人橋〜洞川湖分岐(牛の背道)


コースの概要

学習の森入口と、洞川湖西の牛の背道をつなぐルートです。

学習の森の正門から洞川湖に沿って舗装道を進み、仙人橋を経て山地に入り、牛の背道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁のコード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、当ルートの分岐点となる「学習の森・正門」です。






前写真中央にある車止めの鎖を越えると、

右手に、「学習の森」の銘板が置いてあります。


















分岐点から舗装道を西に向かいます。

直ぐに、左手下方に、洞川湖の湖水が見えてきます。



































少し進むと、湖面が広がります。























分岐点から約3分、舗装道を進むと、砂防ダムがあります。

洞川湖が堰き止められたダム湖であることが之で分かります。






ダムを過ぎると、緩やかな下り坂になります。





































分岐点から約5分、「仙人橋」を渡ります。

ガードレールと勘違いしてしまいそうですが、左写真のガードレール下方に、橋の名前を書いた銘板があります。

地形図では、「仙人橋」と記しています。






橋を渡り切ると、写真中央のガードレールに沿って進みます。




















ガードレールの切れ目の左手に標識があります。

写真右手には車止めもあります。


















標識を少し過ぎて、振り返って撮りました。

写真右端から奥に向かう踏み跡に入っていきます。






























前写真の中央にある標識の拡大です。

「→鍋蓋北道・再度公園 洞川湖周遊路・仙人谷」の方向に進みます。

地形図では、「き35−1」と記しています。










直ぐに標識があり、その右手にある石階段を上っていきます。
































前写真の左端にある標識の拡大です。














石階段を上り切ると、標識があり2分岐しています。

当ルートは、右折します。































前写真の中央にある標識の拡大です。

進む方向は、「→鍋蓋北道を経て再度公園(散策コース)」です。











分岐点から約13分、十字路に至ります。

当ルートは、写真中央の上り坂へ直進します。
































前写真の右端にある標識の拡大です。

「←鍋蓋北道・鍋蓋山」の方向に進みます。

地形図では、「梅園分岐」と記しています。








急こう配の石階段が短い距離ですが続きます。


























石階段を上りきると、標識がります。

分岐点から此処まで、約15分です。





































前写真の右端にある標識の拡大です。













下り坂になります。


























分岐点から約17分、標識があり、2分岐しています。

当ルートは、標識の右側の踏み跡に進みます。






























前写真の中央にある標識の拡大です。

進む方向は、「→鍋蓋北道・鍋蓋山」です。

地形図では、「き35−6」と記しています。










踏み跡を辿ります。


























分岐点から約20分、標識があります。

標識にて6305(牛の背)ルートに出合い、当ルートの終点となります。

6305ルートは、写真前方と、標識前右手の下り坂を繋ぎます。




























前写真の右端にある標識の拡大です。

地形図では、「洞川湖分岐 き35−7」と記しています。












6305ルートに入り、振り返って撮りました。

写真右端が当ルートで、

6305ルートは、写真手前と、標識左の階段道を結びます。













コースの登り下りと歩行距離を知る



このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(5769)と交差または分岐するルートも表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 57のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system