調査日: 2015年 1月 9日

5729 大師道東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
5729   ・大師道東尾根 0.7  ・多々部東堰堤(大師道)〜急な尾根筋〜尾根筋〜防火水槽(再度山ドライブウエイ)


コースの概要


大師道の東にある尾根道ルートです。

大師道の多々部ダムの手前から分岐し、急な尾根筋(まるで垂直の崖路)を登り、再度山ドライブウエイに出合います。

逆ルート(尾根筋の下り)は危険です。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4ケタ数字をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。























此処は、5705(大師道)ルートの「多々部ダム」の手前です。

階段を登ると、多々部ダムですが、その直前で分岐し、写真右手の「多々部橋」に進みます。この橋を当ルートの分岐点とします。
























多々部橋を渡り左折すると、眼前に「多々部東堰堤」があります。

堰堤前の黄色い標識の左手を、ダムに向かって進みます。






国土交通省のコンクリート柱があります。


























コンクリート橋を過ぎてすぐに左折し、写真中央の露岩を越して、尾根筋に近づきます。

分岐点から此処まで約2分、此処から約15分程は、

急こう配の崖を登るような尾根筋登りが始まります。






















切り立った崖と表現したくなるような尾根筋が続きます。

頼りになる立木を求めて、左に右に、

落ち葉の積もった尾根筋を這いつくばるように登り詰めます。
















わずかの光明はリボンのマーキングを見つけた時です。

此処を降りていくのは危険です。

登りは這いつくばることができますが、下りルートは絶望的です。


(下りルートも歩きましたが、このあたりの尾根筋に立って
下方を眺めると、崖の上に立っている感じがします。
とても下っていく気力もなくなり、多々部ダムの方に向かって斜面を
エスケープしました。それも結構難儀しました)










ダム工事で使われたと思えるフックがあります。




















多々部東堰堤が、見えますが、

そこに降りていくルートが見えないほど、切り立っています。


















少しづつ傾斜はゆるくなりますが、油断できません。

登りは木の根っこが頼りになりますが、

下りは、躓き転んでしまう原因になります。

改めて、下りは危険です。




















背の低い笹が生える尾根筋に代わり、

傾斜も緩くなります。


















左右に広がる尾根筋になりますが、尾根筋を外さないように注意が必要です。

写真左上の方向に向かいます。


















右下に谷筋が近づいて来ますが、

尾根筋を外さないように進みます。


















直ぐに谷筋が離れていき、尾根筋が明確になります。




















尾根筋を辿ります。


























やっと平坦な尾根筋になってきます。


























前方に防火水槽、その向こうにドライブウエイが見えてきます。




















ドライブウエイに立って、防火水槽を撮りました。

当ルートは、再度山ドライブウエイに出合い、終点となります。

分岐点から此処まで、約35分です。
















ドライブウエイを下りの方向に進むと

「カーブNo26」の標識があり、

その向こうの石垣の切れ目で、

5305(堂徳山)ルートに出合います。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(6777、茶色で表示)、及び、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。



上記地形図は、「カシミール3D」で作成しました。 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 57のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system