調査日: 2014年11月11日


5561 布引東尾根

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
5561   ・布引東尾根 0.4  ・鉄階段(ハーブ園東尾根)〜木橋〜尾根筋〜鉄製標識(ハーブ園東尾根))


コースの概要

布引貯水池の東に位置する尾根道を急登するルートです。

ハーブ園東尾根道の途中にある鉄製階段から分岐し、急な尾根筋を登り、ハーブ園東尾根道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、0105(市ケ原〜JR新神戸駅)ルートの新神戸駅裏から

階段道を上ってきた「見晴らし展望台」です。

写真右手にトイレがあり、そのすぐ先に石階段があります。

5501(ハーブ園東尾根)ルートに入ります。














ハーブ園に至る舗装道です。

写真左下にトイレがあり、階段があります。


















舗装道を約5分上がると、右手に鉄階段が見えます。

当ルートの分岐点を、この鉄階段とします。


















この階段を上ります。

「急傾斜有り・注意」の標識があります。慎重に進んでください。
























階段を上ると、右手に無名堰堤があります。

左手斜面は急傾斜です。滑り落ちないように注意します。



















無名堰堤を越し、踏み跡を辿り、

堰堤に流れ込む谷に架かる古い木橋を渡り右カーブします。

















直ぐに左手に丸太階段があるので、

この階段道を辿ります。


















尾根筋に取り掛かります。

良く見ると、埋もれたような木製の階段があります。

この辺りは急傾斜地です。スリップしないように足元を確保し登ります。






















丸太階段に変わります。

ひたすら尾根筋を登り詰めていきます。
























神戸市のマークが刻印されたコンクリート柱が数か所あります。




















少しの間、平行道です。

草木で道が覆われていますが、踏み跡はシッカリしています。


















緑の多い林間を進みます。




















荒れた尾根筋を上ります。






































苔むしたベンチとテーブルが3組あります。この横に、「下り道は急傾斜地を通るので注意」の標識があります。

上りはともかく、下りルートは最新の注意が必要です。鉄階段から此処まで、約20分です。






大木が多く、日の当らない尾根をぬけます。




















丸太階段道を下ります。

この写真は、階段途中で、振り返って撮りました。
























前方に道が見えてきます。

又、左手に、金属製の標識(裏側)も見えます。



















金属製標識の表側です。

此処で、5501(ハーブ園東尾根)ルートと出合い、当ルートの終点となります。

分岐点から此処まで、約25分です。















5501ルートに立って、当ルートの終点を撮りました。

写真中央に茶色い標識、その右手に鉄製の標識があります。

写真右手の踏み跡に進むと、ハーブ園の中間駅方面に、

写真手前に進むと、ハーブ園山頂駅方面に至ります。

当ルートは、標識左手の草に覆われた踏み跡になります。












当ルートとの終点から下ってくると、

約1分程で、ハーブ園との境界となる鉄門に至ります。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(5561、地形図右下に青色で表示)も含め、ハーブ園近隣のルートを表示しています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 55のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system