調査日: 2013年 2月 3日


4791 行者堂裏〜岩屋尾根道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4791   ・行者堂裏〜岩屋尾根道 0.3  ・分岐(青谷道・行者堂裏)〜尾根筋〜分岐(岩屋尾根道)


コースの概要

行者堂と岩屋尾根道を結ぶ抜け道ルートです。

青谷道にある行者堂のすぐ裏手から尾根筋に取り付き、急こう配の尾根道を経て、岩屋尾根道に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。





此処は、4705(青谷道)の途中にある「行者堂」です。

此処は、4711(行者尾根)ルートの分岐点にもなります。

当ルートは、4711ルートに入っていくので、行者堂の裏手に回ります。

















行者堂の裏手から約30歩。石の階段があります。

写真の左手奥に見えるのが、行者堂です。

写真右手の石段を数段上り、直ぐに右手の斜面に取り付きます。

この階段のある処を、当ルートへの分岐点とします。














斜面の右下には、4711(行者尾根)ルートが見えています。




















急勾配の尾根筋を登ります。

踏み跡も明確でなく、マーキングもありません。























分岐点から10分程、尾根筋を登ると、コブ状の岩棚があります。


























尾根筋はさらに続き、写真のような岩塊を越えていきます。


























先ほどの岩地から2分程で、再びコブ状の岩棚があります。




















更に5分程尾根筋を辿ると、大きな岩塊があり、その左側を通ります。

偶々ですが、マムシに出合い、しばらくの間にらみ合いました。


















尾根筋がさらに続きます。

























尾根筋の左手が開け、木が刈り取られた空間があります。

その向こうに、もう一つの尾根筋が見えます。

写真奥に見えるのが、4715(岩屋尾根)ルートです。

此処で岩屋尾根道に出合い、当ルートの終点となります。

分岐点から此処までは、22分程です。

岩屋尾根に出合って10分前後の上りで、六甲全山縦走路に至ります。










4715(岩屋尾根)ルートから、当ルートへの分岐点を撮りました。

左手には木が刈り取られた空間があり、その向こうに行者堂に至る踏み跡があります。

特徴のない場所ですが、尾根筋が二手に分かれていく処です。













コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る

岩屋尾根を中心に表示しています。当ルート(4791)は、青色で色分けしています。



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 47のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system