調査日: 2015年 6月14日


4773 地蔵谷〜稲妻坂(尾根筋道)

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4773   ・地蔵谷〜稲妻坂(尾根筋道) 0.2  ・分岐(地蔵谷堰堤)〜尾根筋〜分岐(稲妻坂)


コースの概要


地蔵谷道と稲妻坂を結ぶルートです。

地蔵谷道の地蔵谷堰堤から尾根筋に取り付き、ジグザグ道を経て、稲妻坂の最初の台地に至ります。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。






此処は、4717(二十渉〜摩耶掬星台)ルートと、

4723(地蔵谷道)ルートの出合い地点です。

4717ルートは、写真中央の標識で左折し、

4723ルートは右折します。




























前の写真中央にある標識の拡大です。

右折して、谷沿い道を進みます。










直ぐに石階段道となり、ダムの巻き道を辿ります。











































此処は、4723(地蔵谷道)ルートの「地蔵谷堰堤」の左岸側です。

此処を、当ルートの分岐点とします。























堰堤から谷筋に降りず、堰堤上から右手の山腹に向かいます。

写真のような標識と、入るのを拒むように横に渡した枯れ木が目印です。

標識の裏手に回りこみ、踏み跡を辿ります。







斜面を進みます。




















少し進むと、石の階段道になります。



















暫くは、ジグザグを繰り返しながら上り続けます。




















立派な石段のある道が続きます。




















神戸市のマークが刻印された石柱があります。


























石段道が枯れ葉に埋もれています。

山腹が広がり、踏み跡も見えにくくなりますが、山腹を上ります。
























前方上に稜線が見え始めます。

枯れ枝や落ち葉が混じる踏み跡を辿ります。


















稜線が近づきます。




















前方に柵が見え、その奥は開けた台地になっています。

柵の向こう側に出ます。


















柵を越して振り返って撮りました。

柵の在る処が、当ルートの終点です。

此処で、0107(市ケ原〜六甲山記念碑台)ルートに出合います。

分岐点から此処までは、約15分です。











コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(4771、緑色で表示)及び当ルートと交差または分岐するルートも表示しています。





































 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 47のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system