調査日: 2014年 9月 4日


4709 学校林道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4709   ・学校林道 1.0  ・学校林道分岐(元摩耶道)〜林道〜学校林道分岐(六甲全山縦走路)


コースの概要

天狗道と元摩耶道を結ぶルートです。

元摩耶道の学校林道分岐から林道に入り、途中4本の鉄塔を経て、六甲全山縦走路に出合います。


コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。





此処は、4707(旧摩耶道)ルートの途中です。

雷声寺から尾根筋を経て、写真右手の踏み跡を上ってきて、

写真中央の標識で、5101(東山尾根)ルートが分岐します。

写真中央の標識の拡大が次の写真です。















前の写真中央にある標識の拡大です。

「東山尾根を経て労災病院方面」と表示されている方向は、5101(東山尾根)ルートで、

標識左の踏み跡を辿り、鉄塔を経て、市街地に向かいます。






















この写真は、前の写真中央の標識の裏側に回って撮りました。

4707(旧摩耶道)ルートは、写真中央の案内板の前を通り、

案内板奥の2分岐で右折します。

写真奥の分岐点にある標識の拡大が次の写真です。














4707ルートは右手に進みます。

当ルートは、この標識を分岐点とし、

標識:「←学校林道を経て摩耶山上・市ケ原」に従い、左折します。






















木々に覆われた登り坂の踏み跡を辿ります。


























分岐点から約8分で、左手に鉄塔があります。


























鉄塔から少し先で、急に視界が広がります。

伐採され、明るい踏み跡に変わります。


















鉄塔が固まって建っている所を通り抜けます。

分岐点からこの辺りまで、約15分です。


















踏み跡を辿ります。


























分岐点から約20分程進んできました。

標識があり、その向こうに石柱が見えます。


















神戸市の石柱、91号と読み取れます。


























2分岐があります。

左折は鉄塔巡視道、当ルートは右折します。


















分岐点から約30分、尾根筋が開けます。

一気に視界が広がります。


















目の前を遮るものが全くなく、神戸の港と市街地が一望できます。

遠くは明石・須磨方面も望むことが出来ます。


















足元に、「2級基準点」があります。


























丸太階段道を辿ります。



























静かな林の中を進みます。



































此処は、0107(市が原〜六甲山記念碑台)ルートの、稲妻坂から天狗道に変わる開けた場所です。

0107ルートは、写真手前から来て、写真中央奥に進みます。

標識、案内板があり、写真の後方右手には、鉄塔巡視の赤い標識もあります。

当ルートは、写真右手から登ってきて、此処で0107ルートに出合い、終点となります。






前の写真の左手にある標識の拡大です。

分岐点から此処まで、約40分です。

標識:「学校林道を経て旧摩耶道」が、当ルートの終点を示しています。






















鉄塔巡視の赤い標識に近づいて撮りました。

写真中央の下り道が、当ルートになります。















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(4709、水色で表示)と交差又は分岐するルートも表示しています。




(下図は、学校林道、旧摩耶道、東山尾根が交錯する地点の拡大図です。)



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 47のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system