調査日: 2014年10月21日

4705 青谷道

コード番号 ルート名称 概算距離
(Km)
ルート概要
4705   ・青谷道 2.4  ・青谷橋バス停〜あけぼの茶屋〜行者堂跡〜石段道〜上野・青谷分岐


コースの概要

青谷川に沿って摩耶山に至る参詣道ルートです。

観光茶園、毎日登山のあけぼの茶屋、行者堂跡、不動明王を経て、九十九折の石段道を経て、旧山門下に至ります。



コースの入口・出口・途中の様子を知る


説明文中の4桁コード番号をクリックすると、ルート紹介ページにリンクします。

(旧摩耶寺の山門下から青谷橋への下り道で紹介します)







旧摩耶寺の山門下のベンチのある分岐点です。

当ルートは、ベンチ前を直進します。

ベンチで左折し、階段道を下っていくのが、4701(上野道)ルートです。















前の写真の中央にある標識の拡大です。

「←青谷道を経て西灘」の方向に進みます。
























直ぐに石の階段道となり、下っていきます。




















途中にある石柱に、道程があります。

「あと100m、起点から2300m」という意味でしょうか。


















石段の下りが続きます。




















ドンドンと下っていきます。

階段道は九十九折になっています。


















九十九折が続きます。




















大きな杉が、由緒ある道である事を伝えています。




















ちょっとした広場に着きました。

此処からは、急な下り道はなくなります。

上りで利用する場合は、

此処から本格的な上り(しかも階段道)が始まります。

分岐から此処まで、約15分です












前の写真中央付近にある標識です。




















前の写真の広場に立って、下ってきた階段を撮りました。




















前の写真の左手付近です。

石があり、その先に枯れ枝が積み上げてあります。

写真中央を奥に進み、摩耶の大杉直下に至る尾根道が、

4725(摩耶大杉第一尾根)ルートです。














石の階段道が続きます。

この写真は、振り返って撮りました。


















露岩地帯です。

何時も湿っており、滑りやすいので足元注意です。


















橋を渡ると直ぐに、不動明王、滝行場があります。

右折して青色の鉄橋を渡り、写真奥に進みます。


















奥に進むと、滝行場です。

元に戻ります。









































行者堂の跡です。

写真右は、行者堂があった頃の風景です。写真左は、調査時点ですが、行者堂の由緒を示すものも一切ありません。基礎部分しか残っていません。

行者堂跡の裏手から、4711(行者尾根)ルートが始まり、行者尾根を経て、0107(市ヶ原〜六甲山記念碑台)ルートに出合います。

分岐から此処まで約20分です。






行者堂の直ぐ横手に、元摩耶道の分岐点があります。

当ルートは、標識左の下り道に進みます。

4707(旧摩耶道)ルートは、標識右の畑の間にある細い道を通り抜けます。

















直ぐに水場があります。2ヶ所から水が出ています。



















上流側の水場(左の写真)は、岩の間からの湧水、

下流側の水場(右の写真)は、沢水、

湧水の方がおいしいと教えてもらえました。






















幅の広い舗装された道が続きます。




















ダム横を通過します。




















ダムの高巻き道です。





















赤い鳥居をくぐり、少し上ったところで右折するのが

4715(岩屋尾根)ルートです。

当ルートは、赤い鳥居の左手を下っていきます。















赤い鳥居の少し下流側の左手は、広場(河原)になっています。

4775(青谷道〜青谷東尾根)ルートの分岐点が、写真中央付近で、

沢を渉って直ぐの尾根筋に取り付きます。

当ルートは、直進します。














「大龍院不動明王」を通過します。




















ダム横を通過します。




















写真左端は谷筋です。

道から谷までは切り立っています。

白いガードレールが続きます。
















黄色いガードレールに変わります。




















この辺り、谷筋は、深い谷になっています。




















この写真は通り過ぎてから撮りました。

石の階段を上がっていくのが、4765(上田道)ルートで、

4707(旧摩耶道)ルートに出合います。

この階段のあるのは、次の写真の少し上流側です。














広場があり、赤い鳥居、「あけぼの茶屋」があります。




















あけぼの茶屋の前の広場です。



















「あけぼの茶屋」です。

写真の右端に「摩耶登山署名所」とあります。

毎日登山、早朝登山の拠点と思います。

分岐から此処まで約30分です。

あけぼの茶屋の営業終了時間は、昼ごろでしょうか。

毎日登山の客足が途絶えると、営業終了のようです。

午後の時間に通過して、営業していたことはありません。









舗装道を下ります。





















観光茶園があります。

























ダム横を通過します。




















写真右端の崖状の砂地を上がり、尾根筋を経て、青谷西尾根に出合うのが、

5163(神仙寺たに北尾根)ルートです。

写真左手には、「亀の滝砂防ダム」の標識があります。
















「亀の滝砂防ダム」です。




















ドンドンと降りていきます。




















「青龍寺」の表札が掲げてあります。




















ドンドン下っていくと、左手の岩壁に、幅15〜20cmの細い道があります。

5103(青谷東尾根)ルートの分岐点です。

尾根道を経て、4701(上野道)ルートに出合います。

当ルートは写真右の、舗装道を下っていきます。
































見晴らしの良い高台があります。






少し下ると、案内板があります。




















案内板から切り返すように、下り坂を下りていきます。




















下り坂の先に、「摩耶山青谷道 登山口」の標識があります。

この写真は、坂道の終了間際で、返って撮りました。

旧摩耶寺まで二十二丁あるようです。

分岐から此処まで約40分です。














下り坂の先に「摩耶橋」がありますが、渡りません。

写真左端の黒と黄色に塗り分けた支柱索に近づきます。


















支柱索の右手、コンクリート塀の空いた処に進み、

直ぐに右折すると、階段があります。


















細い階段を降りると、鉄フェンスに突き当たります。

フェンスの向こうは、青谷川が流れています。

左折します。
















左折した後は、家と青谷川の間にある幅1m程の歩道を下っていきます。




















1番目の橋です。

橋を渡らずに、直進します。


















2番目の橋です。

橋を渡らずに、直進します。


















3番目の橋「青谷橋」です。

直進すると、バスが走る大きな道路があります。

右折します。
















右折して橋を渡ると、直ぐその先に、

自販機があり、バス停があります。


















「青谷橋」バス停です。

此処は、阪急六甲方面に向かうバス停です。

三宮方面へのバス停は、此処から少し西にあります。

分岐から此処まで、約45分です。

















コースの登り下りと歩行距離を知る




このグラフは、「カシミール3D」で作成しました。
ルートを分割するチェックポイント(赤二重丸)は、ルートの歩行距離や登り下りの変化を配慮して設定しています。
実際の歩行距離は、少なくとも沿面距離の1.1〜1.2倍と見積るのが良いでしょう。



コースを地形図で知る


当ルート(4705、青色で表示)及び、当ルートと交差又は分岐するルートも表示しています。


地形図@ 仁王門〜成田不動明王付近



ルート番号とルート名称の対応は、次の通りです。

4701(上野道)、4711(行者尾根)、4715(岩屋尾根)、4725(摩耶大杉第一尾根)、
4727(摩耶大杉第二尾根)、4775(青谷道〜青谷東尾根)、5103(青谷東尾根)



地形図A 成田不動明王〜亀の滝堰堤付近



ルート番号とルート名称の対応は、次の通りです。4765(上田道)、5103(青谷東尾根)、5163(神仙寺谷北尾根)



地形図B 亀の滝堰堤〜青谷橋バス停付近



ルート番号とルート名称の対応は、次の通りです。5103(青谷東尾根)、5163(神仙寺谷北尾根)



 この地形図は、「カシミール3D」で作成しました。

 上記の地形図をダウンロードするには、ここをクリックしてください。

  (但し、ダウンロードされた地形図を活用するには、事前に「カシミール3D」の動作環境を整えておく必要があります)


このページの先頭に戻る


コード番号 47のページに戻る


 トップページに戻る

inserted by FC2 system